○飛島村防犯灯設置要綱

平成21年3月31日

訓令第6号

(目的)

第1条 この要綱は、本村が防犯灯を新たに設置するときの基準に関し必要な事項を定め、もって夜間における児童及び生徒の通学路並びに住民の生活道路の安全性の確保を図り、犯罪被害を未然に防止することを目的とする。

(防犯灯の種類)

第2条 防犯灯は、自動点滅式の常夜灯で、光源は、高圧ナトリウムランプ又はLEDとする。ただし、村長が必要と認めるときは、この限りでない。

(協議)

第3条 地区の区長(以下「区長」という。)は、新たに防犯灯の設置を希望するときは、あらかじめ総務部総務課(以下「総務課」という。)に協議を申し入れ、防犯灯を設置する箇所、数量等を明確にするものとする。

(基準)

第4条 総務課は、区長から前条に定める協議の申し入れがあったときは、次に定める基準をすべて満たす場合にのみ、次条に定める申請を受け付けるものとする。ただし、村長が特別に認める場合はこの限りではない。

(1) 幅員4メートル以上の道路に面した箇所であること。

(2) 防犯灯等の明かりが連続していない箇所であること。

(3) 中部電力株式会社若しくは西日本電信電話株式会社の電柱又は村有同報無線柱に共架できること。ただし、共架が困難な場合においては、鋼管柱を新設して設置できるものとする。

(4) 個人の希望でなく、公共の利益のために設置が必要と判断されること。

(申請)

第5条 新たに防犯灯の設置を希望する地区の住民は、当該地区の区長により申請を行うものとする。

2 防犯灯設置等申請書の様式は、様式第1号のとおりとする。

(同意)

第6条 防犯灯を設置する場合において、その影響が予想される土地の地権者には、あらかじめ区長が書面による同意を得るものとする。

2 前項に規定する書面は、防犯灯設置同意書(様式第2号)のとおりとする。

(雑則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、防犯灯の設置に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

(飛島村防犯灯設置要綱の廃止)

2 飛島村防犯灯設置要綱(平成15年訓令第1号)は、廃止する。

附 則(平成24年訓令第21号)

この訓令は、平成24年9月1日から施行する。

画像

画像

飛島村防犯灯設置要綱

平成21年3月31日 訓令第6号

(平成24年9月1日施行)