○飛島村妊産婦及び乳児健康診査等実施要領

平成20年4月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この要領は、妊婦、乳児及び産褥婦の健康保持、健康増進並びに異常の早期発見及び早期治療を図るとともに、B型肝炎の母子感染を防止するため、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条の規定に基づく妊婦、乳児及び産褥婦に対する健康診査(以下「健康診査」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 健康診査の対象者は、村内に住所を有する妊婦(以下「妊婦」という。)、乳児(1歳に満たないもの。以下「乳児」という。)及び産褥婦(出産後8週以内のもの。以下「産褥婦」という。)とする。

(健康診査)

第3条 健康診査は、村長が委託契約した愛知県内の医療機関(以下「委託医療機関」という。)で行うものとする。

2 健康診査の回数は、妊婦1人につき14回、乳児1人につき2回及び産褥婦1人につき1回とする。また、新生児聴覚検査は、乳児1人につき1回とする。

3 妊婦、乳児及び産褥婦に対する健康診査の内容は、次条に規定する各受診票に定めるとおりとする。

(受診票)

第4条 村長は、妊婦健康診査受診票(様式第1号)、産婦健康診査受診票(様式第2号)及び乳児健康診査受診票(様式第3号)、新生児聴覚検査受診票(様式第4号)(以下「受診票」という。)各1枚を次の方法により交付するものとする。

(1) 村長は、妊娠の届出があった者に受診票を交付するものとする。ただし、村外に住所を有し、妊娠の届出後、村内に住所を移し、健康診査を受けたことのない者については、妊産婦及び乳児健康診査等受診票交付(再交付)申請書(様式第5号)を提出させて受診票を交付するものとする。

(2) 前号のただし書の規定により受診票を交付する場合で、転入前の住所地で既に公費により実施された健康診査があれば、それを除いて受診票を交付するものとする。

2 村長は、受診票の交付状況を明らかにしておくものとする。

3 村長は、受診票をき損又は紛失した者から再交付の申出があったときは、妊婦・乳児・産後健康診査受診票交付(再交付)申請書を提出させて、受診票の欄外に「再交付」と朱書きして交付するものとする。

(受診票の有効期間)

第5条 受診票の有効期間は、次に掲げる期間とする。

(1) 妊婦健康診査 交付の日から分娩の前まで

(2) 乳児健康診査 出生の日から1歳に達する日の前日まで

(3) 産婦健康診査 出産の日から出産後9週に達する日の前日まで

(4) 新生児聴覚検査 生後4週間(満28日)まで

(受診)

第6条 第4条の規定により受診票の交付を受けた者(以下「受診者」という。)は、愛知県内の委託医療機関に受診票を提出して健康診査を受けるものとする。

(県外での受診)

第7条 前条の規定にかかわらず、地理的な条件等により愛知県内の委託医療機関において受診が困難な受診者は、村長に事前に連絡するものとする。

(健康診査の実施)

第8条 委託医療機関は、受診票の提出を受けたときは、受診者の住所地を確認し、健康診査を行うものとする。

(費用の請求)

第9条 健康診査を行った委託医療機関は、これに要した費用を翌月の10日までに、妊産婦及び乳児健康診査等費請求書(様式第6号)により村長に請求するものとする。この場合に、健康診査の結果の報告も合わせて提出するものとする。

2 委託医療機関が村長に請求できる額は、別に定めるものとし、前項に規定する請求書は、愛知県国民健康保険団体連合会へ提出するものとする。

3 村長は、委託医療機関から第1項に基づく費用の請求があったときは、その内容を審査して、請求のあった月の翌月末日までに支払うものとする。

(事後指導)

第10条 委託医療機関は、HBs抗原陽性と判明した妊婦に対してB型肝炎母子感染の防止に必要な事項について適切な保健指導を行うものとする。

2 村長は、健康診査の結果に基づき、妊婦及び乳児の保護者に対して必要に応じて保健指導を行うものとする。

(秘密の保持及び目的外使用の禁止)

第11条 委託医療機関の関係者は、受診者の秘密保持に関し適切な配慮をするとともに、健康診査の実施により知り得た秘密を目的以外に使用してはならない。

(雑則)

第12条 この要領に定めるもののほか、健康診査の実施に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要領は、平成20年4月1日から施行する。

(飛島村妊婦及び乳児健康診査実施要領の廃止)

2 飛島村妊婦・乳児健康診査実施要領(平成9年)は、廃止する。

附 則(平成21年訓令第99号)

この訓令は、平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成22年訓令第11号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年訓令第8号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第7号)

1 この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、従前の例による。

附 則(平成25年訓令第21号)

1 この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、従前の例による。

附 則(平成26年訓令第8号)

1 この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、従前の例による。

附 則(平成27年訓令第14号)

1 この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、従前の例による。

附 則(平成28年訓令第5号)

1 この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、従前の例による。

附 則(平成29年訓令第8号)

1 この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、従前の例による。

附 則(平成30年訓令第15号)

1 この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の日より前に受診票の交付を受けた者が健康診査を受診した場合に要する費用の助成については、なお従前の例による。

様式 略

飛島村妊産婦及び乳児健康診査等実施要領

平成20年4月1日 訓令第4号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
飛島村要綱集/ 保健環境課
沿革情報
平成20年4月1日 訓令第4号
平成21年6月26日 訓令第99号
平成22年3月19日 訓令第11号
平成23年4月1日 訓令第8号
平成24年4月1日 訓令第7号
平成25年4月1日 訓令第21号
平成26年4月1日 訓令第8号
平成27年3月27日 訓令第14号
平成28年4月1日 訓令第5号
平成29年4月1日 訓令第8号
平成30年3月30日 訓令第15号