○飛島村給食サービス事業実施要綱

平成21年3月31日

訓令第37号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅の一人暮らし高齢者、高齢者世帯及び重度障害者等に給食を提供する給食サービス事業(以下「事業」という。)に関し必要な事項を定め、食生活の改善、健康増進及び安否の確認を行うことを目的とする。

(委託)

第2条 村長は、この事業の一部を社会福祉法人博寿会に委託できる。

(実施施設)

第3条 事業を実施する施設は、社会福祉法人博寿会の経営する特別養護老人ホームやすらぎの里(以下「実施施設」という。)とする。

(対象者)

第4条 事業の対象者(以下「対象者」という。)は、村内に住所を有する者であって、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 概ね65歳以上の高齢者又は重度の障害者(身体障害者手1級若しくは2級、療育手帳A判定又は精神障害者保健福祉手帳1級)のみの世帯のもの

(2) その他村長が特に必要があると認めた者

(事業の内容)

第5条 事業の内容は、実施施設で調理した給食を、毎週月曜日から金曜日までの対象者が希望する日に、自宅まで配達するものとする。

(利用者の申請及び決定)

第6条 事業の利用を希望する者(以下「申請者」という。)は、給食サービス事業利用申請書(様式第1号)により、村長に申請しなければならない。

2 村長は、前項による申請があったときは、その内容を審査の上、利用を決定したときは、給食サービス事業利用決定通知書(様式第2号)により当該申請者に通知するとともに、給食サービス事業利用依頼書(様式第3号)により実施施設の長に通知するものとする。

(利用の取消)

第7条 村長は、利用者より利用の辞退があった場合又は利用者が次の各号のいずれかに該当した場合は、その利用を取り消すことができる。

(1) 第4条に規定する要件を備えなくなったとき。

(2) その他村長が特に必要があると認めるとき。

(費用負担)

第8条 事業を利用する者の利用料は、1食300円とする。

2 費用の徴収は、毎月末日までに当該月の給食費を、利用者より徴収するものとする。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

(飛島村給食サービス事業実施要綱の廃止)

2 飛島村給食サービス事業実施要綱(平成6年訓令第2号。次項において「旧要綱」という。)は、廃止する。

(経過措置)

3 この訓令の施行の日の前日までに、旧要綱の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成24年訓令第26号)

この訓令は、平成24年9月1日から施行する。

画像

画像

画像

飛島村給食サービス事業実施要綱

平成21年3月31日 訓令第37号

(平成24年9月1日施行)