○飛島村寝具の洗濯、乾燥及び消毒サービス事業運営要綱

平成21年3月31日

訓令第43号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅のねたきりの高齢者等に対し、日常生活に欠かせない寝具を洗濯、乾燥及び消毒する事業(以下「洗濯サービス」という。)に関し必要な事項を定め、もって在宅のねたきりの高齢者等が清潔で快適な生活が過ごせるよう支援するとともに、介護者の負担の軽減を図ることを目的とする。

(利用対象者)

第2条 この事業の対象者(以下「利用対象者」という。)は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) ひとり暮らしをしている概ね65歳以上の高齢者のうち、寝具の衛生管理等が困難なもの

(2) 老衰、心身の障害又は傷病等の理由により臥床している概ね65歳以上の者

(事業の内容)

第3条 この事業の内容は、利用対象者の寝具(掛布団、敷布団及び毛布各一式)の洗濯、乾燥及び消毒とする。

2 前項のサービスは、1会計年度に2回以内とする。

(利用の申請及び決定)

第4条 洗濯サービスを希望する者(以下「申請者」という。)は、飛島村寝具洗濯、乾燥及び消毒サービス利用申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

2 村長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、利用を決定したときは、飛島村寝具洗濯、乾燥及び消毒サービス利用決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(事業の取り消し)

第5条 村長は、前条第2項の決定を受けた者(以下「利用者」という。)から洗濯サービス利用の必要がなくなった旨の届出があったとき又は利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、決定を取り消すことができる。

(1) 洗濯サービスを受ける必要がないと認められるとき。

(2) 入院等により3箇月以上在宅で生活していないとき。

(3) 前各号に掲げるもののほか、村長が不適当と認めたとき。

2 村長は、前項の規定により決定を取り消したときは、飛島村寝具洗濯、乾燥及び消毒サービス取消通知書(様式第3号)により、利用者にその旨通知するものとする。

(雑則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、この事業の実施に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

(飛島村寝具の洗濯、乾燥及び消毒サービス事業運営要綱の廃止)

2 飛島村寝具の洗濯、乾燥及び消毒サービス事業運営要綱(平成12年訓令第7号。次項において「旧要綱」という。)は、廃止する。

(経過措置)

3 この訓令の施行の日の前日までに、旧要綱の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

画像

画像

画像

飛島村寝具の洗濯、乾燥及び消毒サービス事業運営要綱

平成21年3月31日 訓令第43号

(平成21年4月1日施行)