○飛島村手話通訳者派遣事業実施要綱

平成21年3月31日

訓令第52号

(目的)

第1条 この要綱は、手話通訳をコミュニケーション手段とする聴覚障害者及び音声・言語機能障害者(以下「聴覚障害者等」という。)及び聴覚障害者等とコミュニケーショシを図る必要のある者の要請に応じ、村が手話通訳者を派遣する事業(以下「事業」という。)に関し必要な事項を定め、もって聴覚障害者等の福祉の増進と社会参加の促進を図ることを目的とする。

(委託)

第2条 村長は、この事業の一部を社会福祉法人等(以下「実施団体」という。)に委託できるものとする。

(派遣の対象者)

第3条 手話通訳者の派遣を受けることができる者は、次に掲げる事項において派遣を必要とする、村内に住所を有する聴覚障害者等又は聴覚障害者等とコミュニケーションを図るために手話通訳を必要とすると認められる者とする。

(1) 公共機関等における相談又は手続に関すること。

(2) 医療機関等における医療に関すること。

(3) 公共職業安定所等における職業の相談又は手続に関すること。

(4) 学校等における教育の相談又は手続に関すること。

(5) その他村長が特に必要と認める事項

(派遣の申請)

第4条 手話通訳者の派遣を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、原則として利用日の7日前までに手話通訳者派遣申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。ただし、村長が緊急かつやむを得ないと認める場合は、この限りでない。

(派遣の決定)

第5条 村長は、前条の派遣の申請を受けたときは、すみやかにその内容を審査し、適当と認めた場合は、手話通訳者決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するとともに、手話通訳者派遣依頼書(様式第3号)により実施団体に手話通訳者の派遣を依頼する。

(派遣時間等)

第6条 手話通訳者を派遣する時間は、1日8時間以内とする。

2 手話通訳者を派遣できる範囲は、原則として愛知県内とする。

(利用料)

第7条 事業の利用料は、無料とする。

(派遣手当)

第8条 村長は、手話通訳者に対し、実施団体からの手話通訳者派遣実績報告書(様式第4号)による報告に基づき、次に掲げる基準に基づき、派遣手当及び交通費を支給する。

(1) 派遣手当 手話通訳をした時間については、最初の1時間については2,500円とし、以後30分ごとに(30分未満の端数を含む)1,250円を加算する。ただし、手話通訳をした時間が1時間未満の場合には、1時間で換算する。

(2) 交通費 原則として、自宅から派遣場所までの間において必要と認められる公共交通機関の利用料金の往復分を支給する。ただし、村長がやむを得ないと認める場合には自動車を利用することができ、この場合には1キロメートルあたり25円とし、駐車料金が必要な場合は実費を支給するものとする。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

(飛島村手話通訳者派遣事業実施要綱の廃止)

2 飛島村手話通訳者派遣事業実施要綱(平成18年訓令第17号。次項において「旧要綱」という。)は、廃止する。

(経過措置)

3 この訓令の施行の日の前日までに、旧要綱の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成25年訓令第24号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年訓令第27号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

飛島村手話通訳者派遣事業実施要綱

平成21年3月31日 訓令第52号

(平成27年4月1日施行)