○飛島村安心カメラの設置及び運用に関する条例

平成30年12月20日

条例第23号

(趣旨)

第1条 この条例は、犯罪の抑止、事件等の早期解決その他住民生活の安全の確保を図り、安全で安心なむらづくりを推進するため、安心カメラの設置及び運用について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 安心カメラ 公共の場所を継続的に撮影するため、村が設置する撮影装置、当該撮影装置と通信回線を通じて接続される情報機器その他必要な関連機器で構成されるもの(専ら村の施設若しくは備品の管理又は防災若しくは不法投棄防止を目的として設置されたものを除く。)をいう。

(2) 公共の場所 不特定多数の者が自由に通行し、又は利用する道路、公園、広場その他の屋外の場所をいう。

(3) 住民等 村内に居住し、若しくは滞在する者(通勤、通学等をする者を含む。)又は村内を通過する者をいう。

(4) 画像 安心カメラの映像表示装置により表示されたものをいう。

(5) 画像データ 安心カメラの映像記録装置により記録された電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録をいう。)であって、安心カメラの映像表示装置等を用いて映像として表示することにより特定の個人を識別できる可能性のある映像を含むものをいう。

(安心カメラの目的及び設置)

第3条 村は、犯罪の抑止、事件等の早期解決その他住民生活の安全の確保を目的として、安心カメラを設置し、撮影する。

(基本原則)

第4条 村長は、住民等がその容貌及び姿態をみだりに撮影されない自由を有することに鑑み、安心カメラの設置及び運用に配慮するとともに、安心カメラの設置の目的を効果的に達成できるよう努めなければならない。

(適正な運用)

第5条 村長は、安心カメラの運用については、次条から第8条までに定めるもののほか、飛島村個人情報保護条例(平成19年条例第1号)で定めるところにより適正に行われなければならない。

(目的以外の利用の制限)

第6条 村長は、画像及び画像データ(以下「画像等」という。)第3条に規定する目的以外に利用してはならない。

(画像データの提供の禁止)

第7条 村長は、画像データを他の実施機関(飛島村個人情報保護条例第2条第1項に規定する実施機関をいう。以下同じ。)に提供してはならない。

(画像等の開示等の禁止)

第8条 村長は、画像等を実施機関以外のものに開示し、又は提供してはならない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。

(1) 法令に定めがあるとき。

(2) 住民等の生命、身体又は財産の保護のため、緊急かつやむを得ないと認めるとき。

(3) 捜査機関から犯罪及び事故の捜査を目的とした要請を受けたとき。

2 村長は、前項ただし書の規定により画像等を実施機関以外のものに開示又は提供するときは、規則で定める措置を講じなければならない。

(運用状況の公表)

第9条 村長は、毎年度、安心カメラの運用状況を公表するものとする。

(規則への委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、安心カメラの設置及び運用に関し必要な事項は、村長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成31年1月1日から施行する。

飛島村安心カメラの設置及び運用に関する条例

平成30年12月20日 条例第23号

(平成31年1月1日施行)