○飛島村骨髄移植ドナー支援事業助成金交付要綱

平成31年3月29日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 この要綱は、公益財団法人日本骨髄バンク(以下「財団」という。)が実施する骨髄バンク事業における骨髄・末梢血幹細胞提供者に対し、飛島村骨髄移植ドナー支援事業助成金(以下「助成金」という。)を交付することにより、より多くの骨髄・末梢血幹細胞移植の実現及び骨髄・末梢血幹細胞提供希望者の増加を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条 助成対象者は、骨髄・末梢血幹細胞の提供時に村内に住所を有し、かつ、財団が実施する骨髄バンク事業において骨髄・末梢血幹細胞の提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けた者とする。

(助成金の額等)

第3条 村長は、前条で定める対象者に対し、骨髄・末梢血幹細胞の提供のための次の各号に該当する通院等に要した日数について、1日につき2万円の助成金を交付する。

(1) 健康診断に係る通院

(2) 自己血貯血に係る通院

(3) 骨髄・末梢血幹細胞の採取に係る入院

(4) その他骨髄・末梢血幹細胞の提供に関し、財団が必要と認める通院及び入院

2 前項に定める助成金の額は、1回の骨髄・末梢血幹細胞の提供につき14万円を限度とする。

(助成金の申請)

第4条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、骨髄・末梢血幹細胞の提供後、飛島村骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書(様式第1号)に財団が発行する証明書を添付して、骨髄・末梢血幹細胞の提供日から起算して1年以内に村長に申請するものとする。

(助成金の決定)

第5条 村長は、前条の規定による申請書を受理したときは、速やかにその内容を審査し、助成の申請をしたときは、飛島村骨髄移植ドナー支援事業助成金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知する。

(助成金の請求)

第6条 前条の通知を受けた者は、飛島村骨髄移植ドナー支援事業助成金交付請求書(様式第3号)を村長に提出するものとする。

(助成金の交付)

第7条 村長は、前条の請求を受けたときは、請求の日から30日以内に助成金を交付するものとする。

(雑則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、助成金の支給に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成31年4月1日から施行し、同日以後の骨髄・末梢血幹細胞の提供に係る通院及び入院について適用する。

画像

画像

画像

飛島村骨髄移植ドナー支援事業助成金交付要綱

平成31年3月29日 訓令第5号

(平成31年4月1日施行)