○飛島村通学路指導員等設置要綱

令和5年3月20日

教委訓令第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、飛島学園生徒における通学路の安全に関して指導を図り、地域と連携した安全体制を整備するため、飛島村通学路指導員等の設置に関し、必要な事項を定めるものとする。

(職務)

第2条 飛島村通学路指導員(以下「指導員」という。)は、次の各号に掲げる職務を行うものとする。

(1) 通学路における指導に関すること。

(2) 不審者対応における生徒への指導及び助言に関すること。

(3) その他通学路の安全に関すること。

(組織)

第3条 指導員は、前条の職務に必要な知識及び経験を有すると認められる者に教育長が委嘱する。

2 教育長は、指導員の中から指導員リーダーを選任し、指導員リーダーは次の各号に掲げる職務を行うものとする。

(1) 指導員の配置に関すること。

(2) 指導員の活動報告に関すること。

(3) 指導員リーダー及び指導員に係る連絡体制表の作成及び提出に関すること。

(4) 指導員に係る苦情等の報告に関すること。

(5) その他指導員に係る職務に関すること。

3 飛島学園は、指導員の配置に係る計画(以下「年間計画」という。)を前年10月までに作成し、教育委員会及び指導員リーダーに提出するものとする。

4 教育委員会は、飛島学園から前項に規定する年間計画の提出があった場合には、遅滞なく教育委員会、飛島学園及び指導員リーダーにおいて指導員の配置に係る協議を実施するものとする。

(報償等)

第4条 指導員リーダーの謝礼金は、1月当たり2万円とする。

2 指導員の謝礼金は、1時間当たり1,100円又は1時間30分当たり1,650円とする。

3 その他指導員リーダー及び指導員に係る活動経費は、教育委員会が負担するものとする。

(委任)

第5条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定めるものとする。

この訓令は、令和5年4月1日から施行する。

(令和5年教委訓令第14号)

(施行期日)

1 この訓令は、令和5年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の飛島村通学路指導員等設置要綱(以下「新訓令」という。)第4条第2項の規定は、この訓令の施行の日(以下「施行日」という。)以後に支給すべき指導員の謝礼金について適用し、施行日前に支給すべき指導員の謝礼金については、なお従前の例による。

飛島村通学路指導員等設置要綱

令和5年3月20日 教育委員会訓令第2号

(令和5年10月1日施行)

体系情報
飛島村要綱集/ 教育課
沿革情報
令和5年3月20日 教育委員会訓令第2号
令和5年9月26日 教育委員会訓令第14号