○戸田市違法駐車等防止条例施行規則

平成11年3月30日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、戸田市違法駐車等防止条例(平成11年条例第4号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(地域の関係者)

第2条 条例第6条第2項に規定する地域の関係者は、次に掲げるものとする。

(1) 地域住民

(2) 商工業関係者

(3) 交通安全関係者

(4) その他市長が必要と認める者

(指導業務の委託)

第3条 市長は、条例第7条第1項に規定する措置(以下「指導業務」という。)の実施を警備業法(昭和47年法律第117号)第4条の規定による認定を受けている者に委託することができる。

2 前項の規定により委託を受けた者は、警備員等の検定に関する規則(昭和61年国家公安委員会規則第5号)で定める交通誘導警備の合格証の交付を受けた者に指導業務を行わせなければならない。

3 前項による業務を行う者を違法駐車等防止指導員と称する。

4 前項の違法駐車等防止指導員は、指導業務を執行する場合においては、その身分を示す腕章を着用しなければならない。

(協力要請)

第4条 条例第8条に規定する埼玉県公安委員会及び警察署長に対する協力要請は、次に掲げるものとする。

(1) 違法駐車等に対する指導及び取締り

(2) 交通安全施設等の整備

(3) その他必要と認める措置

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成11年7月1日から施行する。

戸田市違法駐車等防止条例施行規則

平成11年3月30日 規則第18号

(平成11年3月30日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 環境衛生
沿革情報
平成11年3月30日 規則第18号