○戸田市緑化推進に関する規則

昭和49年7月1日

規則第27号

(目的)

第1条 この規則は、戸田市緑化推進条例(昭和49年条例第18号。以下「条例」という。)の規定に基づき必要な事項を定めることを目的とする。

(緑化の推進)

第2条 市長は、条例第2条の規定に基づき、次の各号に掲げる事項を推進するものとする。

(1) 家庭緑化を推進するための各町会単位による組織の樹立に関すること。

(2) 工場敷地内の緑化を推進するための市と事業主との緑化協定の締結に関すること。

(3) 保存樹木等に関し、市と所有者との保存協定の締結に関すること。

(4) 埼玉県が実施する緑化旬間にあわせての諸行事の実施に関すること。

(5) 市民及び事業所等に対し、種子、花木、苗木等のあっせんに関すること。

(6) 緑化の広報に関すること。

(7) その他緑化推進に必要な事項

(保存樹木の指定基準)

第3条 条例第5条の規定による保存樹木については、健全なものであり、おおむね次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 1.5メートルの高さにおける幹の周囲が1メートル以上であり、かつ、枝幅が1.5メートル以上である樹木

(2) 樹高が8メートル以上であり、かつ、枝幅が1.5メートル以上である樹木

(3) はん登性で枝葉の面積が、20平方メートル以上である樹木

(4) 植生する土地の面積が300平方メートル以上である樹林又は竹林

(5) 樹木の集団で、その長さが20メートル以上であり、かつ、高さが1メートル以上である生け垣

(6) その他市長が特に定める樹木

(保存樹木指定の承諾)

第4条 条例第5条第2項の規定による所有者の承諾については、保存樹木指定承諾書(第1号様式)によるものとする。

(保存樹木指定申請)

第5条 条例第5条第3項の規定による申請は、保存樹木指定申請書(第2号様式)によるものとする。

(保存樹木の指定通知)

第6条 市長は、前条の申請を受けたときはその内容及び現地の調査を行い、その適否を決定し、申請者に保存樹木指定通知書(第3号様式)を通知するものとする。

(保存樹木の伐採等の届出)

第7条 所有者は、条例第9条の規定により届け出る場合は、保存樹木伐採等届出書(第4号様式)によるものとする。

(保存樹木指定解除通知)

第8条 市長は、前条の届出を受けたときは、現地を調査し、保存樹木指定解除通知書(第5号様式)により通知するものとする。

(標識の記載事項)

第9条 条例第6条の規定による標識の記載事項は、次のとおりとする。

(1) 樹木、樹林、竹林又は生け垣の表示

(2) 樹種

(3) 指定番号

(4) 指定年月日

(5) 戸田市長の表示

(台帳)

第10条 条例第11条の規定による台帳には、次に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 所在地及び所有者の住所氏名(法人にあっては、その名称)

(2) 指定番号

(3) 指定年月日

(4) 指定解除年月日

(5) 樹木にあっては、樹種、樹高、幹の周囲及び枝幅

(6) 樹林及び竹林にあっては、主要な樹種及び面積

(7) 生け垣にあっては、樹種、長さ及び高さ

(8) その他必要な事項

(補助金の額)

第11条 条例第12条の規定による補助金(以下「補助金」という。)の額は年額とし、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める額とする。

(1) 独立、株立ち、又は攀登性の樹木 1本当たり4,000円に樹木の本数を乗じて得た額で、60,000円を限度とする。

(2) 樹林又は竹林 1平方メートル当たり60円に樹林及び竹林の合計の面積を乗じて得た額で、60,000円を限度とする。

(3) 生け垣 1メートル当たり300円に生け垣の長さを乗じて得た額で、60,000円を限度とする。

(4) その他市長が特に定める樹木 1本当たり5,000円に樹木の本数を乗じて得た額とする。

2 前項各号の規定にかかわらず、補助を行う年度に属する10月1日(以下「基準日」という。)後に指定を受けたとき及び基準日以前に指定の解除を受けたときは、補助しない。

(補助金の申請)

第12条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、保存樹木補助金交付申請書兼請求書(第6号様式)により市長の定める期日までに申請しなければならない。

(交付の決定)

第13条 市長は、前条の規定による申請を受けた場合に、必要な調査を実施し、補助金を交付すべきと認めたときは、速やかに交付の決定をするものとする。

2 市長は、前項の交付の決定のため必要があるときは、必要な条件を付し、又は指示することができる。

(決定の通知)

第14条 市長は、補助金の交付を決定したとき又は不交付を決定したときは、保存樹木補助金(交付・不交付)決定通知書(第7号様式)により速やかに申請者に通知するものとする。

(補助金の交付)

第15条 市長は、前条の規定による通知をした日以後に、補助金を交付するものとする。

(交付決定の取消し)

第16条 市長は、補助金の交付の決定を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 偽りその他不正の手段により補助金の交付の決定又は交付を受けたとき。

(2) 条例第10条の規定により指定の解除を受けたとき。

(3) その他特段の事情により保存樹木の維持が困難となったとき。

2 市長は、前項の規定による取消しをしたときは、保存樹木補助金交付決定取消通知書(第8号様式)により、対象者に通知するものとする。

(補助金の返還)

第17条 市長は、補助金の交付決定を取り消した場合において、当該取消しに係る部分に関し既に補助金が交付されているときは、交付の決定の取消しを受けた者に対し、保存樹木補助金返還命令書(第9号様式)により、当該通知をする日から20日以内の期限を定めてその返還を命ずるものとする。

(その他)

第18条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年規則第8号)

この規則は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第18号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第13号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第65号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第11号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年規則第17号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

戸田市緑化推進に関する規則

昭和49年7月1日 規則第27号

(平成30年4月1日施行)