○東庄町長期欠席児童生徒対策委員会設置要綱

昭和62年10月26日

教委告示第1号

(目的及び設置)

第1条 東庄町立小学校及び中学校(以下「学校」という。)における長期欠席児童生徒対策を積極的に推進するため、東庄町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に東庄町長期欠席児童生徒対策委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事項について調査研究を行う。

(1) 長期欠席児童生徒の適切な指導助言に関すること。

(2) 児童生徒の長期欠席防止に関すること。

(3) 教育委員会、学校及びその他の関係機関との連絡調整に関すること。

(4) その他目的達成について必要な事項。

(組織)

第3条 委員会は、19人以内の委員をもつて組織する。

2 委員は、次の各号に掲げる区分に従い、教育委員会が任免又は委嘱する。

(1) 教育長 1人

(2) 小中学校代表 4人以内

(3) 民生児童委員代表 12人以内

(4) 知識経験者 2人

3 委員の任期は2年とする。ただし、再任することができる。補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長等)

第4条 委員長は、教育長をもつて充て、副委員長は小中学校代表をもつて充てる。

2 委員長は委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は委員長を補佐し委員長に事故あるときはその職務を代理する。

(会議)

第5条 会議は委員長が招集し、委員長が議長となる。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、教育委員会教育課学校教育係において処理する。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営その他必要な事項は、委員長が委員会に諮つて定める。

この要綱は、昭和62年11月1日から施行する。

(平成7年教委告示第1号)

この要綱は、平成7年4月1日から施行する。

(平成13年教委告示第1号)

この告示は平成13年4月1日から施行する。

(平成15年教委告示第2号)

この告示は、公示の日から施行する。

(平成20年教委告示第1号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

(平成20年教委告示第4号)

この告示は、平成20年9月1日から施行する。

(令和2年教委告示第2号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

東庄町長期欠席児童生徒対策委員会設置要綱

昭和62年10月26日 教育委員会告示第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和62年10月26日 教育委員会告示第1号
平成7年3月15日 教育委員会告示第1号
平成13年3月30日 教育委員会告示第1号
平成15年11月25日 教育委員会告示第2号
平成20年3月26日 教育委員会告示第1号
平成20年8月26日 教育委員会告示第4号
令和2年1月24日 教育委員会告示第2号