○東庄町ねたきり身体障害者等福祉手当支給条例施行規則

昭和50年12月26日

規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、東庄町ねたきり身体障害者等福祉手当支給条例(昭和50年東庄町条例第22号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(申請)

第2条 条例第4条の規定により、手当の支給を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、ねたきり身体障害者等福祉手当認定申請書(様式第1号。以下「認定申請書」という。)にねたきり身体障害者等日常生活現況届(様式第2号。以下「現況届」という。)及びねたきり身体障害者等福祉手当所得状況届(様式第3号。以下「所得状況届」という。)を添えて町長に提出しなければならない。

(認定および通知)

第3条 町長は、前条に規定する認定申請書が提出されたときは、必要な調査を行ない、受給権を認定したときは、ねたきり身体障害者等福祉手当支給認定通知書(様式第4号)を、受給権を認定しないとしたきは、ねたきり身体障害者等福祉手当認定申請却下通知書(様式第5号)を、申請者に対して通知するものとする。

2 町長は、前項の規定により受給権を認定したときは、受給権者をねたきり身体障害者等福祉手当支給受給権者台帳(様式第6号)に搭載するものとする。

(現況届及び所得状況届の提出)

第4条 受給権者は、現況届及び所得状況届を毎年9月1日までに町長に提出しなければならない。

(住所・氏名変更の届出)

第5条 受給権者は、住所又は氏名を変更したときは、ねたきり身体障害者等福祉手当受給者住所・氏名変更届(様式第7号)を町長に提出しなければならない。

(受給権消滅の届出)

第6条 条例第7条第2項の規定による届出は、ねたきり身体障害者等福祉手当受給権消滅届(様式第8号)によるものとする。

1 この規則は、公布の日から施行し、昭和50年4月1日から適用する。

2 東庄町ねたきり老人等介護手当支給条例施行規則(昭和48年規則第1号)は、廃止する。

(平成元年規則第12号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年4月1日から適用する。

(平成13年規則第8号)

この規則は、公布の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

(令和3年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

東庄町ねたきり身体障害者等福祉手当支給条例施行規則

昭和50年12月26日 規則第4号

(令和3年4月7日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和50年12月26日 規則第4号
平成元年10月9日 規則第12号
平成13年3月28日 規則第8号
令和3年4月7日 規則第7号