○東庄町精神障害者地域生活援助事業補助金交付要綱

平成15年3月25日

告示第30号

(趣旨)

第1条 この要綱は、東庄町精神障害者地域生活援助事業実施要綱(平成15年東庄町告示第29号)に基づいて行う事業(以下「事業」という。)に要する経費に対する補助金について必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助金の交付の対象となる者は、町長があらかじめ指定した運営主体(以下「運営主体」という。)とする。

(補助金の交付額の算定方法)

第3条 補助金の交付額は、別に定める国庫補助基準額を基準として算出する。

(補助金の交付申請)

第4条 運営主体が補助金の交付の申請をしようとするときは、東庄町精神障害者地域生活援助事業補助金交付申請書(様式第1号)(以下「申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

2 前項の補助金交付申請後、事業内容の変更等により交付申請額に変更が生じたときは、改めて申請書を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第5条 町長は、申請書の提出があつたときはその内容を審査し、補助金を交付することが適当であると認めたときは補助金の交付を決定し、運営主体に東庄町精神障害者地域生活援助事業補助金交付決定通知(様式第2号)により運営主体に通知するものとする。

(実績の報告)

第6条 運営主体は、事業を完了したときは、東庄町精神障害者地域生活援助事業補助金実績報告書(様式第3号)を遅滞なく町長に提出しなければならない。

(補助金の交付の請求)

第7条 運営主体は、補助金の交付決定を受け、補助金の交付を受けようとするときは、東庄町精神障害者地域生活援助事業補助金交付請求書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(補助金の返還等)

第8条 町長は、運営主体の行う事業の実施内容が不適当と認めたときは、補助金交付決定金額の全部又は一部を取り消すことができる。

2 町長は、前項の規定により補助金の交付決定を取り消した場合において、当該取り消した部分に係る補助金を既に交付しているときは、当該交付額の返還を命じるものとする。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

この告示は、公示の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

東庄町精神障害者地域生活援助事業補助金交付要綱

平成15年3月25日 告示第30号

(平成15年3月25日施行)