○東庄町デイサービスセンター通所介護事業運営規程

平成12年3月31日

告示第73号

(事業の目的)

第1条 東庄町デイサービスセンター(以下「事業所」という。)が行う指定通所介護の事業(以下、「事業」という。)の適正な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の従業者が、要介護状態にある高齢者に対し、適正な指定通所介護サービスを提供することを目的とする。

(運営の方針)

第2条 事業所の職員は、可能な限り、利用者が居宅においてその有する能力に応じて、自立した生活を営むことができるように努めるものとする。

2 利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持、並びに利用者の家族の身体的・精神的負担の軽減を図るものとする。

3 事業の実施に当たっては、保健・医療・福祉サービスとの連携を図りながらサービスの提供に努めるものとする。

(事業所の名称等)

第3条 事業所の名称及び所在地は次のとおりとする。

(1) 名称 東庄町デイサービスセンター

(2) 所在地 香取郡東庄町石出2692番地4

(職員の職種、人数及び職務内容)

第4条 事業所に勤務する職員の職種、人数及び職務内容は、次のとおりとする。

(1) 管理者 1人

管理者は、事業の管理及び業務の管理を行う。

(2) 生活相談員 営業日ごとにサービス提供時間を通じて専従1人以上

生活相談員は、利用者又はその家族との相談の上、通所介護計画を作成しサービスの提供方法等について十分な説明を行う。

(3) 看護職員 営業日ごとに1人以上

看護職員は、利用者の健康管理を行う。

(4) 介護職員 営業日ごとにサービス提供時間を通じて、利用者の数が15人までは1人以上、15人を超える場合にあっては15人を超える部分の数を5で除して得た数に1を加えた人数以上

介護職員は、通所介護計画に基づき、利用者に必要な介護を行う。

(5) 機能訓練指導員 営業日ごとに1人以上

機能訓練指導員は、利用者に必要な機能訓練を行う。

(営業日及び営業時間)

第5条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。

(1) 営業日 東庄町デイサービス事業実施規則第10条に定めるところによる。

(2) 営業時間 午前9時から午後5時までとする。

(3) サービス提供時間 午前9時から午後4時15分

(4) 利用者定員 1日当たり35人とする。

(事業の内容)

第6条 指定通所介護の内容は、次のとおりとする。

(1) 生活指導(相談援助等)

(2) 機能訓練(日常動作訓練)

(3) 介護サービス(移動や排泄の介助、見守り等)

(4) 介護方法の指導

(5) 健康状態の確認

(6) 送迎

(7) 入浴

(8) 食事

(事業の利用料等)

第7条 指定通所介護を提供した場合の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとし、指定当該通所介護が法定代理受領サービスである時は、その1割とする。ただし、一定所得以上の利用者は、その2割又は3割とする。

2 法定代理受領サービスに該当しない指定通所介護を提供した場合に、利用者から受ける利用料の額と、厚生労働大臣が定める基準により算定した費用との間に差額が生じないようにする。

3 前項のほか、次に掲げる費用を徴収する。

(1) 食事代 600円

(2) おむつ代 実費

(3) 前条に掲げる介護以外のサービス利用に係る費用は、別途徴収するものとする。

4 前項に費用の額に係るサービスの提供に当たっては、利用者又はその家族に対して事前に文書で説明をした上で、支払いの同意を得る旨の文書に署名又は記名押印を受けることとする。

(事業の実施地域)

第8条 事業の実施地域は、東庄町、銚子市、旭市及び香取市の区域内とする。

(サービス利用に当たっての留意事項)

第9条 利用者は、他の利用者が適切なサービスの提供を受けるための権利・機会等を侵害してはならない。

2 利用者は、事業所の設備・備品等の使用に当たっては、本来の用法に従い使用することとし、これに反した使用により事業者に損害が生じた場合は、賠償するものとする。

3 事業者は、利用者の重大な過失により、利用者の身体等に被った損害に対しては、賠償を減じることができるものとする。

4 その他この規定に定めるもののほか、サービスの利用に関する事項については契約書及び重要事項説明書に明記し、利用者に説明するものとする。

(緊急時等における対応方法)

第10条 指定通所介護の提供を行っている時に、利用者に急変が生じた場合は、速やかに主治の医師に連絡する等の必要な措置を講ずることとする。

(非常災害対策)

第11条 非常災害に関する具体的な計画を立て、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行うこととする。

(事業継続計画の策定等)

第12条 事業所は、感染症や非常災害の発生時において、利用者に対するサービスの提供を継続的に実施するとともに、非常時の体制で早期の事業再開を図るための計画(以下「事業継続計画」という。)を策定し、当該事業継続計画に従い必要な措置を講じるものとする。

2 事業所は、職員に対し、事業継続計画について周知するとともに、必要な研修及び訓練を定期的に実施するものとする。

3 事業所は、定期的に事業継続計画の見直しを行い、必要に応じて事業継続計画の変更を行うものとする。

(衛生管理)

第13条 管理者は、職員の清潔の保持及び健康状態の管理を行うとともに、事業所の設備、備品等の衛生的な管理に努めるものとする。

2 管理者は、事業所において感染症が発生し、又はまん延しないように、次に掲げる措置を講ずるものとする。

(1) 感染症の予防及びまん延の防止のための対策を検討する委員会をおおむね6月に1回以上開催するとともに、その結果について、職員に周知徹底を図る。

(2) 感染症の予防及びまん延防止のための指針を整備する。

(3) 職員に対し、感染症の予防及びまん延の防止のための研修及び訓練を定期的に実施する。

(虐待防止に関する事項)

第14条 事業所は、虐待の発生又はその再発を防止するため、次に掲げる措置を講ずるものとする。

(1) 虐待防止のための対策を検討する委員会を定期的に開催するとともに、その結果について職員に周知徹底を図る。

(2) 虐待防止のための指針を整備する。

(3) 職員に対し、虐待を防止するための定期的な研修を実施する。

(4) 前3号の措置を適切に実施するための担当者を置く。

(その他の事項)

第15条 事業所は、良質なサービスの提供ができるよう、適正な勤務体制を整備するとともに、研修の機会を設けるなど、常に職員の資質の向上に努めるものとする。

2 職員は、業務上知り得た利用者又は家族の秘密を保持する。

3 職員であった者に、業務上知り得た利用者又は家族の秘密を保持させるため、職員でなくなった後においても、これらの秘密保持について遵守することを、雇用契約の条件とする。

4 この規程に定める事項のほか、運営に関する重要事項については、管理者が定めるものとする。

この告示は、平成12年3月31日から施行する。

(平成20年告示第20号)

この告示は、公示の日から施行する。

(平成26年告示第35号)

この告示は、公示の日から施行する。

(平成30年告示第23号)

この告示は、公示の日から施行する。

(平成30年告示第97号)

この告示は、公示の日から施行し、平成30年8月1日から適用する。

(令和元年告示第55号)

この告示は、令和元年10月1日から施行する。

(令和5年告示第41号)

この告示は、令和5年5月1日から施行する。

(令和5年告示第93号)

この告示は、令和5年12月1日から施行する。

(令和6年告示第18号)

この告示は、公示の日から施行する。

東庄町デイサービスセンター通所介護事業運営規程

平成12年3月31日 告示第73号

(令和6年2月14日施行)