○渡嘉敷村立歴史民俗資料館設置及び管理に関する条例

平成3年3月16日

条例第14号

(目的)

第1条 この条例は、渡嘉敷村文化財保護条例(平成6年条例第23号)第2条に定める文化財及び渡嘉敷村の歴史民俗に関する資料(以下「資料」という。)の保存と活用を図り、もって村民の文化の向上に資すことを目的とする。

(設置)

第2条 渡嘉敷村立歴史民俗資料館(以下「資料館」という。)を渡嘉敷村字渡嘉敷港湾地内に設置する。

(事業)

第3条 資料館は、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 資料の収集、整理及び保存に関すること。

(2) 資料を一般村民に展示し、公開すること。

(3) 資料の専門的調査研究を行い、教育活動に資する。

(4) 前3号に掲げるもののほか、資料館の設置の目的達成に必要なこと。

(職員)

第4条 資料館に館長その他必要な職員を置く。

(観覧料)

第5条 資料館に展示した資料の観覧料は、大人100円、高校生以下50円とする。なお、40人以上の団体見学は、2割引とすることができる。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、観覧料を免除することができる。

2 前項の規定にかかわらず、資料館に特別の展示をしたときは、教育委員会は、その実費相当額の範囲内において観覧料を徴収することができる。

(入館の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対し入館を拒み、又は退去を命ずることができる。

(1) 資料館の管理上必要な指示又は誘導に従わないもの

(2) 資料館の管理上支障があると認められるもの

(資料の貸出し)

第7条 教育、学術及び文化に関する機関若しくは団体又は学術研究のため特に資料を利用しようとする者は、教育委員会の許可を受けて資料の館外貸出しを受けることができる。

2 前項の貸出しは、資料の保管について安全が確保できると認められる場所に限り行うものとする。

(損害賠償)

第8条 資料の観覧者又は貸出しを受けた者がその責めに帰すべき理由により、資料館の建物若しくは施設又は資料を破損し滅失し、又は汚損したときは、これらを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(協議会)

第9条 資料館に渡嘉敷村立歴史民俗資料館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は、資料館の運営に関し、館長の諮問に応ずるとともに館長に意見を述べるものとする。

3 協議会の委員の定数は、6人以内とし、次の各号に掲げる者のうちから教育委員会が任命する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 学識経験者

(3) 村の職員

4 前項の委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 委員は、再任することができる。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、資料館の管理に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(平成11年条例第3号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

渡嘉敷村立歴史民俗資料館設置及び管理に関する条例

平成3年3月16日 条例第14号

(平成11年3月18日施行)

体系情報
第7編 育/第4章 文化財
沿革情報
平成3年3月16日 条例第14号
平成11年3月18日 条例第3号