○渡嘉敷村立公園の指定及び管理、使用条例

昭和47年7月31日

条例第48号

(目的)

第1条 この条例は、村民の保健、慰安及び外来者の保養、遊園又は景勝地の保護利用を図るため、渡嘉敷村において維持する公園(以下「公園」という。)の指定及び管理、使用について定めることを目的とする。

(設置)

第2条 渡嘉敷村が設置する公園は、別表第1のとおりとする。

2 前項の公園区域の設定は、議会の議決を得て村長が指定する。

3 村長は、公園区域を指定したときは、告示しなければならない。

4 村長は、公園の新設、地域の指定及び既設地域を変更するときは、第2項及び第3項の手続を行うものとする。

(行為の制限)

第3条 公園において次の各号に掲げる行為をしようとする者は、事前に村長の許可を受けなければならない。

(1) 行商、出店その他これに類する一切の営業行為をすること。

(2) 業として写真又は映画を撮影すること。

(3) 興業を行うこと。

(4) 集会、展示会その他これに類する催しのため公園の全部又は一部を利用すること。

2 前項の許可を受けようとする者が公園内に建築その他の構造物を施設しようとするときは、別途に確認申請し、許可を必要とし、村長の指示に従わなければならない。

3 第1項の許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を村長に提出し、許可を受けなければならない。

4 村長は、第1項各号に掲げる行為が公衆の公園利用に支障がないと認めた場合に限り、前各項の許可(以下「行為の許可」という。)を与えることができる。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、第1項の許可をすることはできない。

(1) 伝染性疾患又は精神に異常があると認められる場合

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは迷惑となる物品又は動物を携行した場合

(3) 公益を害し、風紀を乱すおそれがあると認める場合

5 村長は、行為の許可に公園管理上必要な範囲で条件を付すことができる。

(行為の禁止)

第4条 公園においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 公園を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) 鳥獣類を捕獲又は殺傷すること。

(5) はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。

(6) 他人に迷惑な行為、危害、暴力又は騒音などをすること。

(7) 風紀を乱すような行為をすること。

(8) 環境衛生をおかす行為をすること。

(9) 指定された地域以外でたき火、炊事をすること。

(10) 立入禁止区域に立ち入ること。

(11) 指定された場所以外に車馬を乗り入れ、又は止め置くこと。

(12) 公園を許可目的以外に使用すること。

(13) その他公園管理上支障があると認めること。

(利用の禁止又は制限)

第5条 村長は、工事その他の理由により必要と認める場合は、区域を定めて公園の利用を禁止し、制限することができる。

(公園施設利用の休止又は廃止)

第6条 公園内において、営業又はこれに類する許可を得た者がその許可を廃止又は休止しようとするときは、日前10日までに村長に届け出なければならない。

(利用許可)

第7条 公園を利用しようとする者は、村長に願出て許可を受けなければならない。

第8条 公園内で営業又はこれに類する許可を得たものの使用期間は、5年を超えることができない。ただし、その満了に当たってこれを更新することができる。

(使用料)

第9条 営業又はこれに類する許可を受けたもの及びシャワー施設を使用する者は、別表第2による使用料を納付しなければならない。

2 バンガロー施設を利用しようとする者は、別表第3による使用料を納付しなければならない。

(納期)

第10条 前条第1項の使用料は、次の区分により各期の始30日以内に納付しなければならない。ただし、これにより難いものは、村長がその都度定める。

第1期 自4月1日至9月30日

第2期 自10月1日至3月31日

2 前条第2項の使用料は、許可と同時に納付しなければならない。

3 管理を委託した場合は、使用料は受託した者が収入するものとする。

(使用料の減免)

第11条 村長は、公益上又は特別の理由があると認めるときは、使用料を免除することができる。

(入園料)

第12条 外来者の保養、遊園のため入園する者から別表第4による入園料を徴収する。ただし、当分の間これを徴収しないものとする。

(入園料の減免)

第13条 村長は公益上又は特別の理由があると認めるときは、入園料を免除することができる。

(監督処分)

第14条 村長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、行為の許可又は使用の許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、行為の中止、原状回復若しくは公園より退去を命ずることができる。

(1) この条例に違反した場合

(2) 許可の条件又は建築確認による条件に違反した場合

(3) 偽りその他不正の手段により許可を受けた場合

(4) 使用料を滞納した場合

(5) 許可内容と異る営業行為又はこれに類する行為をした場合

(村長への委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に村長が定める。

この条例は、公布の日から施行し、既に施行中のものは、この条例により施行したものとみなす。

(昭和50年条例第9号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

(昭和51年条例第7号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

(平成8年条例第6号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

(平成9年条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成13年条例第2号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

(平成15年条例第12号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(平成16年条例第10号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(平成16年条例第18号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成21年条例第5号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

阿波連植物公園

渡嘉敷村字阿波連190番地

〃       193 〃

〃       202 〃

〃       204 〃

森林公園

渡嘉敷村字阿波連572番地

〃       576 〃

〃       579 〃

渡嘉志久海岸公園

渡嘉敷村字阿波連818番地

〃       818番地の5

渡嘉敷農村公園

渡嘉敷村字渡嘉敷358番地の1

別表第2(第9条関係)

公園使用料

区分

単位

使用料

備考

茶店売店飲食店等の用に供する建築物の敷地

1年1平方メートル

1,400円

1脚1箇所1平方メートル未満は1平方メートルとし、端数は切り上げる1脚1平方メートル未満は1平方メートルとし、端数は切り上げる。

掲示場広告板標柱等の設置

1月1平方メートル

500円

行商その他これに類する行為

1日以内

100円

業として映画を撮影するもの

1件1日

1,000円

集会、展示会、撮影会その他これに類する行為をする場合

面積によるもの

1平方メートル1日

500円

面積によりがたいもの

1回1日以内

1,000円

露天テント棧敷等仮設の用に供する敷地

1日3平方メートル

50円

1脚1箇所3平方メートル未満は3平方メートルとし、端数は切り上げる。

1日5平方メートル

70円

1脚1箇所3平方メートル未満は3平方メートルとし、端数は切り上げる。

渡嘉志久海岸公園シャワー施設

1回

300円

 

別表第3(第9条関係)

区分

適用

単位

使用料

備考

バンガロー

村内に住所を有する者

1棟1泊

12,000円以内

 

上記以外の者

1棟1泊

30,000円以内

 

別表第4(第12条関係)

公園入園料

区分

入園料

備考

15歳以上

1回 150円

滞在期間中を1回とする。

6歳以上14歳まで

100円

渡嘉敷村立公園の指定及び管理、使用条例

昭和47年7月31日 条例第48号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第4章 商工・観光
沿革情報
昭和47年7月31日 条例第48号
昭和50年3月27日 条例第9号
昭和51年4月1日 条例第7号
平成8年3月18日 条例第6号
平成9年8月6日 条例第14号
平成13年3月19日 条例第2号
平成15年3月14日 条例第12号
平成16年3月15日 条例第10号
平成16年9月16日 条例第18号
平成21年3月12日 条例第5号