○東御市企業職員就業規程

平成16年4月1日

公営企業管理規程第2号

(趣旨)

第1条 この管理規程は、東御市企業職員(以下「企業職員」という。)の勤務条件その他就業に関し、必要な事項を定めるものとする。

(公職の候補者となる場合の届出)

第2条 公職選挙法(昭和25年法律第100号)の規定に基づく公職の候補者となる場合は、立候補届出の前日までにその旨を水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「市長」という。)に届け出なければならない。また、これを辞したときも同様とする。

(政党その他の政治団体の役員となった場合の届出)

第3条 企業職員は、政党その他の政治団体の役員となったときは、その旨を市長に届け出なければならない。また、これを辞職したときも同様とする。

(勤務条件等)

第4条 前2条に定めるもののほか、企業職員の勤務条件その他就業に関しては、別に定めのあるものを除き、当分の間、東御市職員の例による。

附 則

この管理規程は、平成16年4月1日から施行する。

東御市企業職員就業規程

平成16年4月1日 公営企業管理規程第2号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章 上下水道事業/第1節 通則・処務等
沿革情報
平成16年4月1日 公営企業管理規程第2号