○東御市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例

平成16年4月1日

条例第156号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第38条第4項の規定により、東御市企業職員(以下「企業職員」という。)の給与の種類及び基準を定めるものとする。

(給与の種類及び基準)

第2条 企業職員の給与の種類及び基準は、この条例に定めるもののほか、東御市一般職の職員の給与に関する条例(平成16年東御市条例第47号)及び東御市一般職の職員の退職手当に関する条例(平成16年東御市条例第51号)の適用を受ける職員の例による。

(水道手当)

第3条 水道手当は、水道事業に従事した企業職員に支給する。

2 前項の手当の額は、1月につき2,750円とする。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和43年東部町条例第15号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

東御市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例

平成16年4月1日 条例第156号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章 上下水道事業/第1節 通則・処務等
沿革情報
平成16年4月1日 条例第156号