○東御市水道特別分担金の徴収に関する規程

平成16年4月1日

公営企業管理規程第6号

(目的)

第1条 この管理規程は、東御市水道条例(平成16年東御市条例第157号)第30条第2項により徴収する特別分担金に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(区分)

第2条 特別分担金は、送水管及び配水管工事分担金並びに水源対策分担金とする。

(徴収対象者)

第3条 送水管及び配水管の工事を希望する者並びに給水装置の新設を希望する者のうち、次に該当する者は、それぞれ特別分担金の徴収対象者となる。

(1) 送水管及び配水管工事分担金

 5戸以上の分譲地を造成しようとする者

 消防施設として消火栓の設置をする者

(2) 水源対策分担金

 ホテルを経営しようとする者

 定員20人以上の旅館を経営しようとする者

 ドライブインを経営しようとする者

 別荘を造成しようとする者

 5戸以上の分譲地及び5部屋以上のアパートを造成しようとする者

 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めた者

(分担金の額)

第4条 特別分担金の額は、次の表のとおりとする。

(1) 送水管及び配水管工事分担金

区分

金額

分譲地

工事に要する費用と事務費の合計額

消防施設

別に定める額

(2) 水源対策分担金

区分

金額

ホテル

別荘

分譲地

1戸又は1室について、21,600円

旅館

ドライブイン

口径別分担金(条例第30条第1項)の2分の1に相当する額

市長が特に必要と認めたもの

ホテル、別荘及び分譲地分担金の範囲内とする。

(決定)

第5条 この特別分担金は、設置希望者と十分協議のうえ、決定するものとする。

(適用期間)

第6条 この管理規程の適用する期間は、市が恒久水源を確保するまでの当分の間とする。

附 則

(施行期日)

1 この管理規程は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この管理規程の施行の日の前日までに、合併前の東部町水道特別分担金徴収要綱(平成10年東部町告示第14号)の規定に基づきなされた決定、手続その他の行為は、この管理規程の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月15日公企管規程第2号)

この管理規程は、平成26年4月1日から施行する。

東御市水道特別分担金の徴収に関する規程

平成16年4月1日 公営企業管理規程第6号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章 上下水道事業/第2節 水道事業
沿革情報
平成16年4月1日 公営企業管理規程第6号
平成26年3月15日 公営企業管理規程第2号