○東御市議会図書室規程

平成16年4月8日

議会訓令第3号

(目的)

第1条 図書室は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第100条第17項から第18項の規定による資料並びに一般図書資料を収集して、議員の調査研究に資することを目的とする。

(図書室の利用)

第2条 図書室は、議員が利用するほか、その利用に支障のない範囲で東御市職員その他一般に利用させることができる。

(図書整理の指針)

第3条 図書及び資料は、必要があるとするとき直ちに利用できるように常に整理されていなければならない。

(図書台帳)

第4条 図書を購入し、又は寄贈を受けるときは、図書台帳(様式第1号)に登載するものとする。

2 資料を購入し、又は寄贈を受けるときは、図書台帳に準じ資料台帳を作成し登載するものとする。

(議会印)

第5条 図書及び資料は、東御市議会印を押すものとする。

(図書取扱事務の時間)

第6条 図書及び資料の閲覧、貸出及び返還事務の取扱時間は、議会事務局の執務時間とする。

(図書の閲覧及び貸出し)

第7条 図書又は資料の閲覧及び貸出しを受けようとする者は、係員に申し出なければならない。

(貸出しの方法)

第8条 図書の貸出しは、図書貸出簿(様式第2号)により行うものとする。

2 資料の貸出しは、図書貸出簿に準じ資料貸出簿を作成し、貸出しをする。

(貸出期間)

第9条 図書及び資料の貸出期間は、7日以内とする。ただし、議長が認めるときは、これを延長することができる。

(転貸禁止)

第10条 貸出しを受けた図書及び資料は、他に転貸してはならない。

(貸出禁止)

第11条 議案、決議案、予算書、会議録、速記録の類その他議長が貸出しすることを適当と認めないものについては、貸出しをしない。

(弁償)

第12条 図書を亡失し、又は損傷した者に対しては、同じ内容の図書又はその時価相当額を弁償させることができる。

(利用停止)

第13条 議長は、この訓令に定める事項を守らない者に対し、図書及び資料の閲覧並びに貸出しを停止することができる。

(補則)

第14条 この訓令に定めるもののほか、図書室の管理及び運営に関し必要な事項は、議長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年4月8日から施行する。

附 則(平成20年9月29日議会訓令第1号)

この訓令は、平成20年9月29日から施行する。

附 則(平成24年12月28日議会訓令第1号)

この訓令は、告示の日から施行する。

画像

画像

東御市議会図書室規程

平成16年4月8日 議会訓令第3号

(平成24年12月28日施行)