○砺波地域消防組合職員衛生管理規程

平成23年2月1日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「法」という。)の規定に基づき、職員の健康の保持及び増進を図るため、職員の衛生管理について必要な事項を定めるものとする。

(総括衛生管理者)

第2条 衛生管理業務を行うため、総括衛生管理者を置く。

2 総括衛生管理者は、衛生管理者を指揮し、次の業務を総括管理するものとする。

(1) 職員の健康障害を防止するための措置に関すること。

(2) 職員の衛生教育の実施に関すること。

(3) 健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関すること。

(4) その他衛生に関すること。

3 総括衛生管理者は、次長をもって充てる。

(衛生管理者)

第3条 消防本部及び消防署に衛生管理者を置く。

2 衛生管理者は、法に定める資格を有する者から消防長が選任する。

(衛生推進者)

第4条 出張所に衛生推進者を置く。

2 衛生推進者は、法に定める資格を有する者から消防長が選任する。

(産業医)

第5条 職員の健康管理を行うため、産業医1人を置く。

2 産業医は、次に掲げる事項を行うものとする。

(1) 健康診断の実施その他職員の健康管理に関すること。

(2) 衛生教育その他職員の健康の保持増進を図るための措置で、医学に関する専門的知識を必要とするものに関すること。

(3) 職員の健康障害の原因の調査及び再発防止のための医学的措置に関すること。

3 産業医は、前項各号に掲げる事項について、消防長又は総括衛生管理者に対して勧告し、又は衛生管理者及び衛生推進者に対して指導し、若しくは助言することができる。

(衛生委員会)

第6条 次の事項を調査審議し、消防長に意見を述べるため、衛生委員会を設けるものとする。

(1) 職員の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること。

(2) 職員の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること。

(3) 労働災害の原因及び再発防止対策で、衛生に係るものに関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、職員の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項

2 衛生委員会の委員は、次の者をもって構成する。

(1) 総括衛生管理者

(2) 衛生管理者

(3) 産業医

(4) 衛生推進者

(5) その他職員のうちから消防長が指名した者

3 衛生委員会の議長は、前項第1号の委員とする。

(職場衛生の原則)

第7条 消防長は、職場の換気、採光、照明、保温、防湿、休養及び清潔に必要な措置その他職員の健康及び風紀の保持のため必要な措置を講じなければならない。

2 消防長は、職場における衛生の水準の向上を図るため、職場環境を快適な状態に維持管理するよう努めなければならない。

(健康の保持増進のための措置)

第8条 消防長は、職員の健康の保持増進を図るため、体育活動、レクリエーションその他の活動についての便宜を供与する等必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

(健康診断)

第9条 消防長は、常時使用する者に対し、毎年1回以上定期に健康診断を行わなければならない。

2 前項における健康診断は、おおむね次の項目について検査又は検診を行うものとする。

(1) 既往症及び業務歴の調査

(2) 自覚症状及び他覚症状の有無の検査

(3) 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査

(4) 胸部エックス線検査及びかくたん検査

(5) 血圧の測定

(6) 貧血検査

(7) 肝機能検査

(8) 血中脂質検査

(9) 血糖検査

(10) 尿検査

(11) 心電図検査

(受診義務)

第10条 職員は、それぞれ指定された期日に健康診断を受けなければならない。ただし、疾病、出張その他やむを得ない理由により、健康診断を受けることができなかった者は、その事由が終わった後速やかに健康診断を受けなければならない。

(健康診断の記録等)

第11条 総括衛生管理者は、健康診断終了後その結果について記録を作成し、消防長に提出しなければならない。

(感染症患者発生の措置)

第12条 消防長は、感染症疾患による患者が発生したときは、その者が勤務している場所に勤務している職員に対して臨時に健康診断を行い、かつ、その場所及び患者の直接取り扱っていた帳簿等を消毒しなければならない。

(職員の責務)

第13条 すべての職員は、この訓令及びこの訓令に基づく命令、指示その他の措置を遵守し、積極的に自ら健康の保持及び増進に努めなければならない。

(秘密の保持)

第14条 総括衛生管理者、衛生管理者、衛生推進者その他衛生管理事務に従事し、又は関係した者は、職務上知り得た業務上の秘密又は心身の欠陥その他個人の秘密を正当な理由なしに漏らしてはならない。またその業務に関係しなくなった後も、同様とする。

(その他)

第15条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、消防長が定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

砺波地域消防組合職員衛生管理規程

平成23年2月1日 訓令第5号

(平成23年2月1日施行)