○砺波地域消防組合消防吏員の被服等の貸与に関する規則

平成23年3月29日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波地域消防組合消防吏員(以下「吏員」という。)の被服等の貸与について必要な事項を定めるものとする。

(貸与品の品目、数量及び貸与期間)

第2条 吏員に貸与する被服及び装備品(以下「貸与品」という。)の品目、数量及び貸与期間は、別表のとおりとし、それぞれ現品で支給するものとする。

2 貸与期間は、貸与した日の属する月から起算する。

3 第1項の規定にかかわらず、消防長が必要と認めたときは、その数量を増減し、又は貸与期間を伸縮することができる。

(貸与の時期)

第3条 貸与品は、新たに吏員となった者にあってはその職務に就くときに、貸与期間を満了したものにあっては満了の月の翌月に貸与する。

(管理)

第4条 貸与品の貸与を受けた吏員(以下「被貸与者」という。)は、貸与品を善良なる管理者の注意をもって管理し、これを他人に貸与し、又は処分してはならない。

2 被貸与者は、貸与品を職務上のほか使用してはならない。

(給付及び返納)

第5条 貸与期間が満了したものは、次に掲げるものを除き、返納を要しない。

(1) 徽章

(2) 消防手帳

2 被貸与者が退職又は貸与品の貸与を要しない職となったときは、貸与期間内の貸与品を返納しなければならない。ただし、在職中死亡したものには、貸与期限満了前でも、これをその遺族に支給することができる。

(紛失又は損傷の措置)

第6条 被貸与者は、貸与期間内に貸与品の全部又は一部を紛失し、又は損傷(使用に耐えない程度の損傷をいう。以下同じ。)したときは、直ちにその旨を貸与品の紛失(損傷)(様式第1号)により所属長を経て消防長に届け出なければならない。

2 前項の場合において、貸与品の紛失又は損傷が被貸与者の故意又は重大な過失によるものであるときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

(再貸与)

第7条 消防長は、前条第1項の規定による届出を受けたときは、当該紛失又は損傷した貸与品に代わる貸与品を貸与するものとする。

2 前項の規定により貸与された貸与品の貸与期間は、第2条に規定する貸与期間の例による。

(貸与品台帳)

第8条 消防長は、貸与品台帳(様式第2号)を備え、貸与の状況を明らかにしておかなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

貸与品目

数量

貸与期間(年)

(合)

1

10

盛夏帽

1

10

合服

1

8

盛夏服

1

4

夏活動服

1

4

冬活動服

1

4

盛夏救急服

1

4

冬救急服

1

4

救助服

1

損耗補充

略帽

1

6

防寒衣

1

10

雨衣

1

10

ネクタイ

1

損耗補充

保安帽

1

損耗補充

保安帽用ゴーグル

1

損耗補充

保安帽用ミニライト

1

損耗補充

防火帽用ミニライト

1

損耗補充

白手袋

1

損耗補充

作業手袋

1

損耗補充

革手袋

1

損耗補充

短靴

1

7

編上靴

1

損耗補充

ゴム長靴

1

損耗補充

防火衣用長靴

1

損耗補充

ベルト

1

損耗補充

階級章

1

損耗補充

ワッペン

1

損耗補充

ドクターウェア

1

損耗補充

ショルダーバック

1

損耗補充

携帯用ミニライト

1

損耗補充

防火衣

1

損耗補充

徽章

1

その職にある期間

消防手帳

1

その職にある期間

画像

画像画像

砺波地域消防組合消防吏員の被服等の貸与に関する規則

平成23年3月29日 規則第23号

(平成23年3月29日施行)