○砺波地域消防組合特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例

平成23年2月1日

条例第21号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第203条の2の規定に基づき、特別職の職員で非常勤のもの(議会の議員を除く。以下「特別職の職員」という。)の報酬及び費用弁償の額並びにその支給方法について必要な事項を定めるものとする。

(報酬及び費用弁償の額)

第2条 特別職の職員の報酬及び特別職の職員が招集に応じ、又は勤務に従事したときの費用弁償の額は、別表のとおりとする。

(支給方法)

第3条 報酬の支給日は、特別の理由がある場合を除き毎年3月末日とする。

2 年度又は月の中途で就任し、退職し、又は死亡したときの報酬の支給は、その日から又はその日までの日割によって計算する。

3 報酬は、いかなる場合においても重複して支給しない。

(費用弁償)

第4条 費用弁償は、参加又は出頭した日数によって支給する。

2 特別職の職員が公務のため旅行したときは、費用を弁償するものとする。

4 前2項に定めるもののほか、特別職の職員に支給する費用弁償については、旅費条例の例による。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(報酬及び費用弁償の特例措置)

2 この条例の施行の日から平成23年3月31日までの間に係る特別職の職員の報酬及び費用弁償は、この条例の規定にかかわらず、これを支給しない。

附 則(平成30年2月16日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

区分

報酬額

費用弁償

管理者

年額 40,000円

 

副管理者

〃  35,000円

 

監査委員

識見を有する者

〃  26,000円

日額 2,400円

議員兼任者

〃  14,000円

砺波地域メディカルコントロール協議会

委員

日額 7,000円

日額 1,500円

専門委員

砺波地域消防組合特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例

平成23年2月1日 条例第21号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
平成23年2月1日 条例第21号
平成30年2月16日 条例第1号