○砺波地域消防組合入札審査委員会規程

平成23年3月29日

訓令第9号

(趣旨)

第1条 この訓令は、砺波地域消防組合入札審査委員会(以下「委員会」という。)を設置することに関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 委員会は、次の事項を審査する。

(1) 予定価格が100万円を超える不動産処分の随意契約に関すること。

(2) 見積金額又は設計金額が1,000万円を超える買入れ又は請負その他の契約についての業者の選定

(3) 社会的不正行為等を起こした競争入札参加資格者に対する処分

(4) 低入札価格に関すること。

(5) 談合情報に関すること。

(6) 入札・契約の方法に関すること。

(7) 前各号に定めるもののほか、管理者が特に必要と認めるもの

2 委員会の長は、前項に規定する審査の結果を管理者に報告しなければならない。

(組織)

第3条 委員会は、次の職にある者(以下「委員」という。)をもって組織する。

(1) 次長

(2) 総務課長

(3) 予防課長

(4) 警防課長

2 前項に定める委員のほか、次の者を加える。

(1) 議題となる案件を所管する消防署長

(2) 前号に掲げる者のほか、会長が必要と認める者

(会長)

第4条 委員会に会長を置き、次長をもって充てる。

2 会長に事故あるときは、総務課長がその職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、必要に応じ、会長が招集し、会長が議長となる。

2 会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

4 会長は、急施を要し、会議を招集し難いときは、委員に回議してこれに代えることができる。ただし、設計金額が1億5,000万円を超える場合は、この限りでない。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、総務課において処理する。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月26日訓令第2号)

この訓令は、平成25年10月1日から施行する。

砺波地域消防組合入札審査委員会規程

平成23年3月29日 訓令第9号

(平成25年10月1日施行)

体系情報
第6編 務/第3章
沿革情報
平成23年3月29日 訓令第9号
平成25年9月26日 訓令第2号