○砺波地域消防組合土木建築工事費の前金払取扱要綱

平成23年3月29日

訓令第11号

(趣旨)

第1条 この訓令は、砺波地域消防組合土木建築工事費の前金払取扱規則(平成23年砺波地域消防組合規則第26号)第2条の規定に基づく土木建築工事(土木建築に関する工事の設計、調査及び測量を含む。以下同じ。)の前金払の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(前払金の割合)

第2条 前払金の額は、次に定めるところによる。

(1) 請負金額が200万円から3,000万円まで

請負金額の10分の4以内に相当する額

(2) 請負金額が3,000万円を超え1億円以下の場合

1,200万円に請負金額のうち3,000万円を超える金額の10分の3以内に相当する額を加算した額

(3) 請負金額が1億円を超え10億円以下の場合

3,300万円に請負金額のうち1億円を超える金額の10分の2以内に相当する額を加算した額(前払金の額が1億円を超えるときは、1億円)

(4) 請負金額が10億円を超える場合

1億円に請負金額のうち10億円を超える金額の10分の1以内に相当する額を加算した額(前払金の額が2億円を超えるときは、2億円)

(国庫補助対象の土木建築工事の特例)

第3条 国庫補助対象の土木建築工事で管理者が特に必要と認めるものについては、前条の規定にかかわらず、前金払をすることができる。ただし、当該工事の前払金に関し、補助金の概算請求のできるものに限る。

附 則

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

砺波地域消防組合土木建築工事費の前金払取扱要綱

平成23年3月29日 訓令第11号

(平成23年3月29日施行)

体系情報
第6編 務/第3章
沿革情報
平成23年3月29日 訓令第11号