○砺波地域消防組合職員の初任給に関する規程

平成25年3月22日

訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、砺波地域消防組合職員の初任給、昇格、昇給等に関する規則(平成23年砺波地域消防組合規則第13号。以下「初任給等規則」という。)第7条の規定に基づき、砺波地域消防組合職員の初任給に関し必要な事項を定めるものとする。

(初任給基準表)

第2条 初任給等規則第7条に定める給料表初任給基準表は、別表第1に定めるとおりとする。

(学歴免許等資格区分表)

第3条 初任給等規則第7条に定める学歴免許等資格区分表は、別表第2に定めるとおりとする。

(経験年数換算表)

第4条 初任給等規則第7条に定める経験年数換算表は、別表第3に定めるとおりとする。

(修学年数調整表)

第5条 初任給等規則第7条に定める修学年数調整表は、別表第4に定めるとおりとする。

附 則

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月27日訓令第1号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

初任給基準表

採用試験区分

学歴

初級

中級

上級

高校3卒

1級9号給

1級11号給

短大2卒

1級17号給

1級19号給

短大3卒

1級21号給

1級23号給

大学4卒

1級27号給

1級29号給

別表第2(第3条関係)

学歴免許等資格区分表

学歴免許等の資格の区分

該当者

基準学歴区分

学歴区分

大学卒

博士課程修了

学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学院博士課程の修了者(大学院に5年以上在学した場合に限る。)

修士課程修了

学校教育法による大学院修士課程の修了者

大学6卒

(1) 学校教育法による大学の医学部医学科又は医科大学医学科の卒業

(2) 学校教育法による大学の医学部歯学科若しくは歯学部歯学科又は医科歯科大学の歯学科の卒業者

(3) 学校教育法による大学の薬学科又は獣医学科(修学年限6年のものに限る。)の卒業者

大学4卒

(1) 学校教育法による4年制の大学の卒業者

(2) 文部科学大臣の認めた通信教育の課程を修了し、学士の称号を取得した者

(3) 外国における大学等(通算修業年限16年以上)の卒業者

(4) 独立行政法人水産大学校法(平成11年法律第191号)による独立行政法人水産大学校(旧水産庁設置法(昭和23年法律第78号)による水産講習所、旧農林水産省組織令(昭和27年政令第389号)による水産大学校及び独立行政法人国立公文書館等の設立に伴う関係政令の整備等に関する政令(平成13年政令第333号)による水産大学校を含む。)の卒業者

(5) 海上保安大学校又は防衛大学校の卒業者

(6) 司法試験又は公認会計士法(昭和23年法律第103号)による第2次試験の合格者

(7) 電気事業主任技術者資格検定規則による第1種資格検定試験の合格者

(8) 保健師助産師看護師法による保健師学校若しくは保健師養成所又は助産師学校若しくは助産師養成所(看護師養成所卒を入学資格とする修業年限1年以上のものに限る。)の卒業者

短大卒

短大3卒

(1) 学校教育法による3年制の短期大学(昼間課程2年制に相当する単位を3年間に取得する夜間課程を除く。)の卒業者

(2) 診療放射線技師法による診療放射線技師学校又は診療放射線技師養成所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

(3) 臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律(昭和33年法律第76号)による臨床検査技師学校又は臨床検査技師養成所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

(4) 臨床工学技士法(昭和62年法律第60号)による臨床工学技士学校又は臨床工学技士養成所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

(5) 理学療法士及び作業療法士法(昭和40年法律第137号)による理学療法士学校、理学療法士養成施設、作業療法士学校又は作業療法士養成施設(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

(6) 視能訓練士法(昭和46年法律第64号)による視能訓練士学校又は視能訓練士養成所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のもの又は短大2卒を入学資格とする修業年限1年以上のものに限る。)の卒業者

(7) 言語聴覚士法(平成9年法律第132号)による言語聴覚士学校又は言語聴覚士養成所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のもの、大学等において2年以上修業した者にあっては修業年限1年以上のもの又は大学等において1年以上修業した者にあっては修業年限1年以上のものに限る。)の卒業者

(8) あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号。以下「あん摩マツサージ指圧師法」という。)による学校又は養成施設(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

(9) 保健師助産師看護師法による看護師学校又は看護師養成所(旧甲種看護婦養成所を含むものとし、いずれも高校卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

(10) 旧図書館短期大学別科又は旧図書館職員養成所(いずれも短大2卒を入学資格とする修業年限1年以上のものに限る。)の卒業者

短大2卒

(1) 学校教育法による短期大学の卒業者

(2) 学校教育法による高等専門学校の卒業者

(3) 学校教育法による高等学校又は特別支援学校の専攻科(短期大学と同程度とみなされる修業年限2年以上のものに限る。)の卒業者

(4) 栄養士法(昭和22年法律第245号)による指定栄養士学校又は指定栄養士養成所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限2年以上のもの又は旧中卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者若しくは同法による栄養士試験の合格者

(5) 保育師養成所(高校卒を入学資格とする修業年限2年以上のものに限る。)の卒業者

(6) 診療放射線技師法による診療エックス線技師学校の卒業者

(7) 歯科衛生士法(昭和23年法律第204号)による歯科衛生士学校又は歯科衛生士養成所(いずれも修業年限2年以上のものに限る。)の卒業者

(8) 歯科技工法(昭和30年法律第168号)による歯科技工士養成所(高校卒を入学資格とする修業年限2年以上のものに限る。)の卒業者

(9) あん摩マツサージ指圧師法による高校卒を入学資格とする2年制の学校又は養成施設(中学卒を入学資格とする5年制の学校又は養成施設を含む。)の卒業者

(10) 保健師助産師看護師法による看護師学校又は看護師養成所の進学課程(同法第21条第3号に該当する者に係る課程をいう。)の卒業者

(11) 都道府県農業講習所、林業講習所又は蚕業講習所(いずれも高校卒を入学資格とする修業年限2年以上のものに限る。)の卒業者

(12) 司法試験法(昭和24年法律第140号)による司法試験の第1次試験の合格者

(13) 公認会計士法による公認会計士試験の第1次試験の合格者

(14) 旧図書館職員養成所(新高卒を入学資格とする修業年限2年以上のものに限る。)の卒業者

(15) 昭和45年法律第83号による改正前の衛生検査技師法による衛生検査技師学校又は衛生検査技師養成所の卒業者

高校卒

高校4卒

(1) あん摩マツサージ指圧師法による中学卒を入学資格とする4年制の学校又は養成施設の卒業者

(2) 歯科衛生士法による歯科衛生士学校又は歯科衛生士養成所の卒業者

高校3卒

(1) 学校教育法による高等学校又は特別支援学校の高等部の卒業者

(2) 大学入学資格検定規程(昭和26年文部省令第13号)による試験の合格者

(3) 高等学校通信教育規程(昭和37年文部省令第32号)による通信教育により高等学校卒業者と同等の単位を修得した者

(4) 歯科技工法による歯科技工士養成所(中学卒を入学資格とする修業年限3年以上のものに限る。)の卒業者

中学卒

中学卒

(1) 学校教育法による中学校又は特別支援学校の中等部の卒業者

別表第3(第4条関係)

経験年数換算表

経験の種類

職員の職務との関係

換算率

備考

地方公務員、国家公務員、旧公共企業体職員、政府関係機関職員又は外国政府職員としての在職期間

職務の種類が同種のもの

10割


その他のもの

8割


民間における企業体、団体等の職員としての在職期間

直接関係あると認められるもの

10割

正規職員の在職期間に限る

その他のもの

8割

正規職員の在職期間に限る

学校又は学校に準ずる教育機関における在学期間

救急救命士を養成する学校又は学校に準ずる教育機関

10割


上記を除く学校又は学校に準ずる教育機関

8割


その他の期間

直接関係あると認められるもの

10割


その他のもの

2割5分


備考

1 級別資格基準表又は初任給基準表に本表と異なる定めをした場合は、その定めるところによる。

2 消防本部内の他の職員との均衡を著しく失する場合は、換算率を変更することができる。

別表第4(第5条関係)

修学年数調整表

学歴免許等の資格の区分

調整年数

基準学歴区分

基準修学年数

学歴区分

修学年数

大学卒

短大卒

高校卒

中学卒

大学卒

16

博士課程修了

21年

(+)5年

(+)7年

(+)9年

(+)12年

修士課程修了

18

(+)2年

(+)4年

(+)6年

(+)9年

大学6卒

18

(+)2年

(+)4年

(+)6年

(+)9年

大学4卒

16


(+)2年

(+)4年

(+)7年

短大卒

14

短大4卒

15

(-)1年

(+)1年

(+)3年

(+)6年

短大3卒

14

(-)2年


(+)2年

(+)5年

高校卒

12

高校4卒

13

(-)3年

(-)1年

(+)1年

(+)4年

高校3卒

12

(-)4年

(-)2年


(+)3年

中学卒

9

中学

9

(-)7年

(-)5年

(-)3年


砺波地域消防組合職員の初任給に関する規程

平成25年3月22日 訓令第1号

(令和2年4月1日施行)