○砺波地域消防組合消防長及び消防署長の資格を定める条例

平成26年2月21日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第15条第2項の規定に基づき、消防長及び消防署長の職に必要な消防に関する知識及び経験を有する者の資格を定めるものとする。

(消防長の資格)

第2条 消防長の職に必要な消防に関する知識及び経験を有する者の資格は、次のとおりとする。

(1) 消防職員(消防吏員その他の職員をいう。以下この号において同じ。)として消防事務に従事した者で、消防署長の職又は消防本部、消防学校若しくは消防職員及び消防団員の訓練機関における消防署長の職と同等以上と認められる職に1年以上あったものであること。

(2) 消防団員として消防事務に従事した者で、消防団長の職に2年以上あったものであること。

(3) 組合の構成市の行政事務に従事した者で、組合の構成市の長の直近下位の内部組織の長の職その他構成市におけるこれと同等以上と認められる職に2年以上あったものであること。

(消防署長の資格)

第3条 消防署長の職に必要な消防に関する知識及び経験を有する者の資格は、次のとおりとする。

(1) 消防吏員として消防事務に従事した者で、消防司令以上の階級に1年(消防長が定める教育訓練を消防大学校において受けた者については、1年から当該教育訓練の課程に応じ消防長が定める期間を控除した期間)以上あったものであること。

(2) 消防吏員として消防事務に従事した者で、消防司令補以上の階級に3年(消防長が定める教育訓練を消防大学校において受けた者については、3年から当該教育訓練の課程に応じ消防長が定める期間を控除した期間)以上あったもの(前号に該当する者を除く。)であること。

(3) 消防団員として消防事務に従事した者で、消防団の副団長の職その他消防団におけるこれと同等以上と認められる職に3年以上あったものであって、消防長が定める教育訓練を消防大学校において受けたものであること。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(砺波地域消防組合消防長の任命資格を定める条例の廃止)

2 砺波地域消防組合消防長の任命資格を定める条例(平成23年砺波地域消防組合条例第28号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この条例の施行の際現に組合の消防長の職にある者については、この条例に規定する消防長の資格を有するものとみなす。

砺波地域消防組合消防長及び消防署長の資格を定める条例

平成26年2月21日 条例第1号

(平成26年4月1日施行)