○砺波市役所自動車管理規程

平成16年11月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、市の所有する自動車の適正な管理及び安全な運行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 安全運転管理者 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の2の規定に基づき、砺波市役所に設置される安全運転に関する管理者で、砺波市行政組織規則(平成16年砺波市規則第4号)に定める企画総務部総務課行政係長をいう。

(2) 庁用自動車 市が所有、管理又は使用する自動車等の車両をいう。ただし、消防署の所管に属するものを除く。

(3) 集中管理車 庁用自動車のうち、企画総務部総務課(以下「総務課」という。)において集中管理の対象とした庁用自動車をいう。

(4) 配置車 市長が必要と認めた課等に配置した集中管理車を除く庁用自動車をいう。

(安全運転管理者)

第3条 安全運転管理者は、道路交通に関する法令を遵守し、庁用自動車の運転に従事する職員に対し、運転に関する技能、知識その他安全な運転を確保するため、必要な事項について指示し、指導し、又は監督を行うものとする。

(配置管理者等)

第4条 配置車の安全運行を図るため、配置車を配置する課等(以下「配置課」という。)に配置管理者及び配置車取扱主任を置く。

2 配置管理者及び配置車取扱主任は、砺波市財務規則(平成16年砺波市規則第30号)の規定に基づき指定する物品管理者及び物品取扱主任をもって充てる。

(業務の範囲)

第5条 安全運転管理者及び配置管理者(以下「管理者」という。)の業務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 庁用自動車の事故防止対策に関すること。

(2) 運転者に対する指導監督に関すること。

(3) 車両の日常点検整備に関すること。

(4) 車両の定期点検整備に関すること。

(5) 車両の運行管理に関すること。

(6) 交通安全運動その他の事故防止運動への協力及び当該運動の推進に関すること。

2 配置車取扱主任は、配置管理者を補佐し、配置管理者が不在のときは、その職務を代理する。

(運転者)

第6条 運転者は、庁用自動車の整備点検に留意し、常に良好に運行できる状態を保持しなければならない。

2 運転者は、自動車の運転に当たっては、常に関係法令を遵守し、保安と人命尊重を第1義とし、最善の運行を図るよう努めなければならない。

(使用の申込み)

第7条 集中管理車を使用しようとする者は、その使用予定日の前日までに、電子予約システムにより予約を行わなければならない。ただし、中型バス及びマイクロバスについては、あらかじめ企画総務部総務課長(以下「総務課長」という。)の承認を受けなければならない。

2 緊急を要する理由が生じた場合は、総務課長は、配車の取消し又は変更をすることができる。

3 配置車を使用しようとする者は、当該配置車の所管する配置管理者に使用日時等を事前に申し込み、当該配置管理者の承認を受けなければならない。ただし、当該配置課において緊急を要する理由が生じた場合は、当該配置管理者は、配車承認を取り消し、又は変更することができる。

(使用者の遵守事項)

第8条 庁用自動車の使用者は、安全運行に留意し、関係法令を遵守しなければならない。

(運転日報)

第9条 運転者は、運行終了の都度、運転日報に必要な事項を記載し、総務課長(配置車については、配置管理者)に提出しなければならない。

(事故報告)

第10条 運転者は、事故が生じた場合は、直ちに総務課長(配置車については、配置管理者)に口頭で報告し、その指示を受けなければならない。

2 運転者は、前項の口頭報告後、速やかに交通事故等報告書を作成し、総務課長に提出しなければならない。

3 総務課長は、前項の報告書について市長の決裁を受けなければならない。

(整備)

第11条 運転者は、運行の開始前に日常点検を実施し、点検の結果を運転日報に記載し、第9条の運転日報の提出にあわせ報告しなければならない。

2 運転者は、安全運転管理者(配置車については、配置管理者)の指示に基づき毎月1回定期に整備点検を行い、その結果を月例車両点検連絡表に記載して総務課長に報告しなければならない。

第12条 管理者は、前条の点検を実施するため、年度初めに自動車点検基準(昭和26年運輸省令第70号)に基づき、整備の実施及び方法を計画しなければならない。

2 管理者は、前条の日常点検の結果により、自動車の性能を把握し、その使用方法の指定又は運行距離若しくは運行経路の制限を行うものとする。

3 管理者は、点検整備の実施結果を確認し、その記録簿を管理しなければならない。

(修理)

第13条 運転者は、庁用自動車が修理の必要を生じたときは、運転日報に不良箇所を記載し、管理者の承認を得て修理工場に修理を依頼するものとする。

2 運転者は、出先において庁用自動車が故障し、状況やむを得ない場合は、直ちに管理者に連絡し、最寄りにおいて修理するものとする。

(燃料の補給)

第14条 運転者は、庁用自動車の燃料を補給した場合は、日報に記載しなければならない。

(格納)

第15条 運転者は、退庁前までに庁用自動車を洗車の後、異状の有無を点検して指定する箇所に格納しなければならない。

(鍵の管理)

第16条 配置管理者は、配置車及び総務課の指定する集中管理車の鍵を管理し、終業後の管理責任を明らかにしておかなければならない。

(その他)

第17条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

砺波市役所自動車管理規程

平成16年11月1日 訓令第4号

(平成16年11月1日施行)