○砺波市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する規則

平成16年11月1日

規則第14号

(目的)

第1条 この規則は、市の電子計算組織により処理する個人情報の保護に関し必要な事項を定め、もって市民の基本的人権を擁護するとともに福祉の増進に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 電算主管課 企画総務部総務課をいう。

(2) 主務課 電子計算組織利用業務を所掌する課等をいう。

(3) 電子計算組織 サーバ、パーソナルコンピュータ等(これらに接続する周辺機器を含む。)の電子機器をいう。

(4) 適用業務 電子計算組織により処理(以下「電算処理」という。)をする事務をいう。

(5) データ 電算処理をされるべき情報又は電算処理をされた情報をいう。

(6) コード 一定の業務を電算処理するため、一定の数字又は英字で表したものをいう。

(7) 個人情報 個人を対象とする情報で、個人を特定することができるものをいう。

(電算管理者等の設置)

第3条 電子計算組織利用業務を総括的に管理するため、市に電算管理者を置き、電算管理者は副市長をもって充てる。

2 電算管理者の職務を代理するため電算副管理者を置き、電算副管理者は企画総務部長をもって充てる。

(所掌事務)

第4条 電算主管課及び主務課の所掌する事務は、次のとおりとする。

(1) 電算主管課

 適用業務の総合調整に関すること。

 適用業務の適否の検討に関すること。

 適用業務の開発設計に関すること。

 主務課におけるデータの管理状況の調査に関すること。

 共通コードの調整に関すること。

 その他第1条に規定する事項に関し必要な措置を講ずること(主務課に属する事項を除く。)

(2) 主務課

 適用候補事務の選定に関すること。

 適用業務に係る電算処理システムの検討、事務処理に関する手続及び入出力帳票の作成に関すること。

 適用業務に係る入出力帳票の授受、管理及び処分に関すること。

 適用業務に係るコードの管理に関すること。

 その他第1条に規定する事項に関し必要な措置を講ずること(電算主管課に属する事項を除く。)

(個人情報の記録制限)

第5条 次に掲げる事項は、個人情報として電子計算組織に記録してはならない。

(1) 思想、信条及び宗教に関する事項

(2) 人種及び特別な社会的差別の原因となるべき社会的身分に関する事項

(3) 犯罪に関する事項

(4) 前号に掲げるもののほか、市民の個人的秘密が侵害されるおそれがあると次条に規定する協議組織が認める事項

2 主務課長は、適用業務の電算処理過程において不要となった入出力帳票のうち、市民の個人的秘密を不当に侵害するおそれのあるものは、焼却等によりこれを処分しなければならない。

(協議組織)

第6条 前条第1項第4号に規定する個人情報の記録制限に関する事項、第8条に規定する管理の対象とするデータの指定その他個人情報保護に関する重要事項を協議するため、砺波市電子計算組織運営管理協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

2 協議会は、電算管理者を長とし、電算副管理者、電算主管課長、主務課長並びにその他関係課の長及びこれに相当する者で構成する。

(データ管理)

第7条 主務課長は、管理を要するデータを処理し、保存し、又は移転をする場合において、漏えい、滅失、損傷等の事故が起きないよう必要な措置を講じておかなければならない。

2 主務課長は、管理しているデータが紛失し、若しくはその内容が漏れ、又は滅失し、若しくは損傷した場合は、直ちに電算管理者に報告して必要な措置を講じなければならない。

(データ管理の対象)

第8条 管理の対象となるデータは、次の各号のいずれかに該当するものについて電算管理者が協議会の意見を聴いて指定するものとする。

(1) 法令の規定により、守秘を要することとされているもの

(2) 個人及び法人に関するデータのうち、外部に知られることを適当としないもの

(3) 漏えいした場合、行政の信頼性を著しく阻害し、かつ、その円滑な執行を妨げるおそれのあるもの

(4) 滅失し、又は損傷した場合はその復元が著しく困難であるため、行政の円滑な執行を妨げるおそれのあるもの

(調査)

第9条 電算管理者は、電算処理に係るデータの的確な管理を図るため、電算副管理者及び電算主管課長と協議して主務課におけるデータ管理の状況等に関する調査要領を定め、定期的に又は随時に当該調査を行うものとする。

(データの使用制限)

第10条 データは、市の行政事務以外に使用してはならない。ただし、法令に特別の定めがある場合又は国の行政機関若しくは他の地方公共団体から使用申込みがあったときは、申込みを受けた主務課長は、電算管理者の決裁を得てデータの使用を認めることができる。

2 データを本来の業務以外の行政目的に使用しようとする場合において、そのデータが他の課等の所掌するものであるときは、使用しようとする課等の課長は、あらかじめ、主務課長の承認を得なければならない。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、運営管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日規則第21号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

砺波市電子計算組織に係る個人情報の保護に関する規則

平成16年11月1日 規則第14号

(平成24年4月1日施行)