○砺波市防災会議運営規程

平成16年11月1日

告示第12号

(趣旨)

第1条 この規程は、砺波市防災会議条例(平成16年砺波市条例第13号)第5条の規定に基づき、砺波市防災会議(以下「防災会議」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(会議)

第2条 防災会議の会議は、防災会議の会長(以下「会長」という。)が招集する。

2 防災会議は、災害の発生その他会議の必要が生じたときに、その都度開催するものとする。

3 委員は、会議の必要があると認めたときは、会長に会議の招集を求めることができる。

(議事)

第3条 防災会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(専決処分)

第4条 会長は、防災会議が処理すべき事項のうち、次に該当するときは、専決処分することができる。

(1) 緊急を要する事態が発生し、防災会議を開くいとまがないとき。

(2) 決定を要する事態が、一部の特定の機関にのみ関係がある事項で早急に措置を要するとき。

(3) 軽易な事項で早急に措置を要するとき。

2 会長は、前項の規定により専決をしたときは、次の防災会議に報告するものとする。

(庶務)

第5条 防災会議の庶務は、企画総務部総務課において処理する。

(その他)

第6条 この規程の施行に関し必要な事項は、その都度防災会議に諮って定める。

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

砺波市防災会議運営規程

平成16年11月1日 告示第12号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第6節 災害対策
沿革情報
平成16年11月1日 告示第12号