○砺波市役所当直規程

平成16年11月1日

訓令第12号

(趣旨)

第1条 この訓令は、砺波市役所の当直勤務に関し必要な事項を定めるものとする。

(当直施設及び当直管理者)

第2条 当直を行う施設及び当直勤務に関する事務を主管する課の長(以下「当直管理者」という。)は、次のとおりとする。

(1) 本庁舎 企画総務部総務課長

(2) 庄川支庁舎 庄川支所地域振興課長

(当直の種別及び勤務時間)

第3条 当直の種別及び勤務時間は、次のとおりとする。ただし、当直時限後であっても、引継ぎが完了するまでは、当直勤務を継続しなければならない。

(1) 日直 休日及び週休日の午前8時30分から午後5時15分まで

(2) 宿直 午後5時15分から翌日の午前8時30分まで

(当直員及び代行員)

第4条 当直のため勤務する者は、本庁舎及び支庁舎(以下「本庁舎等」という。)にそれぞれ勤務する職員(以下「当直員」という。)及び当直に関する委託契約に基づき受託者から派遣を受けた者(以下「代行員」という。)の2人以内とする。

2 当直員及び代行員(以下「当直員等」という。)は、その勤務時間中これを表示する腕章を着用するものとする。

3 宿直に従事した職員は、その翌日において所属長に告げて午後退庁することができる。

4 当直管理者は、非常災害等のため当直員等を増員する必要があると認めるときは、第1項の規定にかかわらず、適宜増員することができる。

(当直員の勤務割)

第5条 当直員の勤務割は、当直管理者が1月分ごとにこれを定め、その最初の日前3日までに、所属長を経て、当該職員に通知しなければならない。

2 前項の通知を受けた職員が、当直できない事由が生じたときは、速やかに他の職員のうちから、その者が代直者を定め、当直管理者に届け出て承認を得なければならない。

(当直勤務の免除、除外)

第6条 次に掲げる者は、日直又は宿直に勤務することを免除又は除外するものとする。

(1) 疾病その他の事由により長期欠勤中の者

(2) 条件付採用期間中の者

(3) 女性職員(ただし、日直を除く。)

(4) 健康上の理由又は勤務の態様が当直に従事することを不適当と認められる者

2 前項各号に掲げる者のほか、部長及び課長又はこれに準ずる者は、当直勤務を除外することができる。

(当直員及び代行員の職務)

第7条 当直員は、次に掲げる事項をそれぞれ処理しなければならない。

(1) 市内に非常災害が発生したときは、直ちに当直管理者に連絡し、その指示を受けるとともに、必要に応じて市長、副市長及び関係部課長等に急報すること。

(2) 庁舎等又はその付近に非常事態が発生したときは、直ちに消防署その他関係機関に急報するとともに、必要に応じて市長、副市長及び関係部課長等に急報し、かつ、臨機の措置をもって庁舎等及び重要物品の保全に努めること。

(3) 文書を受領したときは、砺波市文書管理規程(平成16年砺波市訓令第6号)の定めるところにより処理すること。

(4) 電話又は口頭で通報、届出等を受けたときは、当直日誌(様式第1号)にその要件を記載すること。ただし、軽易な事件で当直員限りで処理できるものについては、この限りでない。

(5) 重要又は特殊な事案であって、当直員が処理し難いと認めたときは、直ちに当直管理者の指示を受け適宜の処置を講ずること。

(6) 当直中に、来庁者があった場合は、時間外入退庁記録簿に氏名及び来庁用件の記載を受けて応対するものとし、重要又は緊急用件と認めたときは、関係者に連絡し指示を受けること。

(7) 当直時間中に、諸行事が庁舎等内又は構内で行われる場合は、その行事終了後特に異常の有無について点検すること。

(8) 当直の勤務時間内の現金等については、これを適正に保管し、確実に当該公金に係る業務の主管課等の職員(休日にあっては次の当直員)に引き継ぐこと。

2 代行員は、当直管理者が定める時刻に庁舎等内、附属建物及び構内を巡視し、窓及び戸の施錠並びに火気及びその他異常の有無を点検し、異常を発見したときは、直ちに機宜の処置を講じなければならない。

3 当直日誌には、次に掲げる事項を記載し、当直員及び代行員が各自記名押印するものとする。

(1) 当直中に処理した事件の概要

(2) 当直中の来庁者の用件

(3) 火災その他の異常の状況

(4) 前3号に掲げるもののほか、参考となるべき事項

4 当直員等は、服務中職務上やむを得ない場合のほか、外出することができない。

(保管物品)

第8条 当直員は、当直管理者又は前の当直員から次に掲げる物品を受領し、当直勤務終了後、当直管理者又は次の当直員に引き継がなければならない。

(1) カギ箱

(2) 当直日誌

(3) 時間外入退庁記録簿

(4) 前3号に掲げるもののほか、引継ぎを要する物品

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、当直管理者が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年6月29日訓令第7号)

この訓令は、平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令第14号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年5月17日訓令第13号)

この訓令は、平成22年6月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日訓令第3号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月27日訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

画像

砺波市役所当直規程

平成16年11月1日 訓令第12号

(平成29年3月27日施行)