○砺波市遠距離通学児童、生徒の交通費補助金交付要綱

平成16年11月1日

告示第23号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市立小・中学校に在学する遠距離通学児童又は生徒のために、通学に要する経費の一部を市が補助することに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「通学に要する経費」とは、児童又は生徒がバスその他定期運行の交通機関又は自転車その他学校長の認める方法(以下「交通機関等」という。)を利用して最も経済的かつ合理的と認められる通学の経路及び方法による運賃又は料金等に相当する額とする。

(対象者)

第3条 この要綱により、交通費の補助の対象となる者(以下「対象者」という。)は、学校統合等に伴い児童又は生徒の住所から当該通学区域内の学校所在地までの片道の距離が、児童にあっては4キロメートル以上、生徒にあっては6キロメートル以上で交通機関等を利用して通学する児童又は生徒(スクールバス利用者を除く。)とする。ただし、自転車その他学校長の認める方法を利用して通学する児童又は生徒については、冬期間のみとする。

(補助金の額)

第4条 対象者に対する補助金の額は、毎年度予算の範囲内で別に定める額とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という)は、補助金交付申請書を市長に提出しなければならない。

(補助金交付の決定及び通知)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、当該申請に係る書類を審査し、補助金の交付を適当と認めたときは、補助金交付決定通知書により申請者に通知するものとする。

(補助金の交付)

第7条 市長は、前条に規定する補助金の交付を決定した後、速やかに補助金を交付するものとする。

(その他)

第8条 この要綱の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の砺波市通学児童、生徒の交通費補助金交付規則(昭和48年砺波市教育委員会規則第3号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

砺波市遠距離通学児童、生徒の交通費補助金交付要綱

平成16年11月1日 告示第23号

(平成16年11月1日施行)