○砺波市立庄東小学校及び庄川小学校スクールバス運行管理規程

平成16年11月1日

教育委員会訓令第3号

(趣旨)

第1条 この訓令は、砺波市立庄東小学校及び庄川小学校スクールバス(以下「スクールバス」という。)の安全な運行に資するため必要な事項を定めるものとする。

(使用基準)

第2条 スクールバスの使用基準は、次のとおりとする。

(1) 砺波市立庄東小学校(以下「庄東小学校」という。)の通学区域内の東般若及び栴檀野地区並びに砺波市立庄川小学校(以下「庄川小学校」という。)の通学区域内のうち、別に定める区域内の児童の登下校時(以下「通学」という。)の場合

(2) 市内の小学校の児童、中学校の生徒並びに幼稚園、認定こども園及び保育所の園児(以下「児童生徒等」という。)を対象とした行事等並びに砺波市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が主催する行事等において、教育委員会が特に必要と認めた場合

(使用の許可)

第3条 前条第2号によりスクールバスを使用しようとするときは、代表者は、計画書を提出して教育委員会の許可を受けなければならない。

2 前項の計画書は、行事等の内容、運行経路及び時刻、乗車対象者並びに児童生徒等の参加についての関係学校長、園長又は所長の同意を得たものでなければならない。

(運行経路)

第4条 通学の場合の運行経路は、別に定める。

(運行時刻)

第5条 通学の場合の運行時刻は、庄東小学校の校長及び庄川小学校の校長(以下「学校長」という。)が定め、教育委員会の承認を得なければならない。

(利用証及び利用証交付台帳)

第6条 学校長は、スクールバスで通学する児童に利用証を発行し、利用証交付台帳を整備しなければならない。

(運転業務等の委託)

第7条 スクールバスの運転及び整備並びに格納に係る業務については、委託することができる。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の砺波市立庄東小学校スクールバス運行管理規程(昭和57年砺波市教育委員会訓令第1号)又は庄川町立庄川小学校スクールバス運行管理規程(平成15年庄川町教育委員会訓令第1号。以下「合併前の管理規程」という。)の規定によりなされた手続その他の行為は、この訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

3 第2条の規定にかかわらず、当分の間庄川小学校スクールバスの使用については、合併前の管理規程の例による。

附 則(平成29年3月28日教委訓令第1号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

砺波市立庄東小学校及び庄川小学校スクールバス運行管理規程

平成16年11月1日 教育委員会訓令第3号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年11月1日 教育委員会訓令第3号
平成29年3月28日 教育委員会訓令第1号