○砺波市立幼稚園条例

平成16年11月1日

条例第66号

(設置)

第1条 この条例は、学校教育法(昭和22年法律第26号)第2条第1項の規定に基づき、砺波市立幼稚園(以下「幼稚園」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 幼稚園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

砺波市立中野幼稚園

砺波市中野243番地

砺波市立高波幼稚園

砺波市高波753番地

砺波市立般若幼稚園

砺波市安川1616番地

砺波市立栴檀野幼稚園

砺波市宮森新159番地

(入園の許可)

第3条 幼稚園に入園させようとする保護者は、あらかじめ園長の許可を得なければならない。

(入園の条件)

第4条 市内に住所を有する保護者の満3歳以上小学校就学の始期に達するまでの幼児に限り、入園させることができる。

(保育料)

第5条 幼稚園に入園する児童の保護者は、保育料を納付しなければならない。

2 前項の保育料の額は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第27条第3項第1号又は第28条第2項第1号若しくは第3号に規定する当該各号の内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に保育に要した費用の額を超えるときは、当該現に保育に要した費用の額)とする。

3 幼稚園の休業の期間が月の初日から末日までに係る場合又は幼稚園の事故等による休園の期間が月の初日から末日までに係る場合は、その月に係る保育料は、徴収しない。

(保育料の減免)

第6条 市長は、特段の理由があると認めるときは、保護者の申請により、保育料の全部又は一部を免除することができる。

(職員)

第7条 幼稚園に園長その他の職員を置く。

2 前項の職員定数は、砺波市職員定数条例(平成16年砺波市条例第22号)の定めるところによる。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の砺波市立幼稚園条例(昭和49年砺波市規則第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成23年東北地方太平洋沖地震による災害により被害を受けた者に対する入園の特例)

3 当分の間、第4条の規定にかかわらず、平成23年東北地方太平洋沖地震による災害(以下「東日本大震災」という。)により被害を受けた保護者(東日本大震災に際し災害救助法(昭和22年法律第118号)が適用された市町村(東京都の市町村を除く。)及び東日本大震災により発生した福島第一原子力発電所の事故に伴い制限区域の設定により避難区域に指定された区域に住所を有する者に限る。)の満3歳以上小学校就学の始期に達するまでの幼児(市内に避難した幼児に限る。)については、幼稚園に入園させることができる。

附 則(平成17年3月25日条例第6号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月30日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月19日条例第8号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月17日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月19日条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

砺波市立幼稚園条例

平成16年11月1日 条例第66号

(平成31年4月1日施行)