○砺波市社会教育指導員の設置に関する規則

平成16年11月1日

教育委員会規則第19号

(趣旨)

第1条 この規則は、社会教育指導員(以下「指導員」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(指導員の委嘱)

第2条 指導員は、教育一般につき豊かな識見を有し、かつ、社会教育に関する指導技術を身に付けている者のうちから、砺波市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が委嘱する。

(定数)

第3条 指導員の定数は、2人とする。

(任期)

第4条 指導員は非常勤とし、その任期は1年とする。

2 指導員は、再任されることができる。ただし、その通算年数は、原則として3年を超えないものとする。

(指揮監督)

第5条 指導員は、その職務を行うに当たっては、教育委員会生涯学習・スポーツ課長(以下「課長」という。)の指揮監督を受けなければならない。

(指導員の服務等)

第6条 指導員は、社会教育の特定分野について直接指導、学習相談、社会教育団体の育成等社会教育に関する専門的技術を必要とする相談指導業務を行うものとする。

第7条 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また同様とする。

第8条 指導員は、週3日勤務するものとし、任期のはじめにおいて、課長が勤務日及び勤務時間を定めるものとする。

第9条 指導員の報酬等については、別に定めるところによる。

(その他)

第10条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行後、最初に委嘱される指導員の任期は、第4条第1項の規定にかかわらず、平成18年3月31日までとする。

附 則(平成23年3月24日教委規則第3号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

砺波市社会教育指導員の設置に関する規則

平成16年11月1日 教育委員会規則第19号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年11月1日 教育委員会規則第19号
平成23年3月24日 教育委員会規則第3号