○砺波市資料館条例施行規則

平成16年11月1日

教育委員会規則第24号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市資料館条例(平成16年砺波市条例第74号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(施設使用等の申請)

第2条 条例第9条第1項の規定により、施設の利用の許可を受けようとする者は、資料館利用許可申請書(様式第1号)を使用する日の3日前までに砺波市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

2 資料館資料(以下「資料」という。)の利用の許可を受けようとする者は、資料利用許可申請書(様式第2号)を使用する日の3日前までに教育委員会に提出しなければならない。

3 前2項の規定にかかわらず、教育委員会が運営上支障がないと認めるときは、この限りでない。

(利用の許可書の交付)

第3条 教育委員会は、施設の利用を許可したときは、資料館利用許可書(様式第3号)を交付するものとする。

2 教育委員会は、資料の利用を許可したときは、資料利用許可書(様式第4号)を交付するものとする。

(利用の変更等)

第4条 利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が利用許可事項の変更をしようとするときは、速やかに、前条の利用許可書を添えて教育委員会に申請し、その承認を受けなければならない。

2 利用者が利用を中止しようとするときは、前条の利用許可書を添えて資料館(資料)利用中止申請書(様式第5号)を教育委員会に提出し、その承認を受けなければならない。

(利用後の点検)

第5条 利用者は、その利用を終えたときは、直ちにその旨を教育委員会に届け出て、その点検を受けなければならない。

(入館料及び使用料の減免)

第6条 条例第14条に規定する入館料及び使用料の減免範囲及び減免割合は、別表のとおりとする。

2 使用料の減免を受けようとする者は、あらかじめ資料館使用料減免申請書(様式第6号)を教育委員会に提出し、その承認を受けなければならない。

(遵守事項)

第7条 資料館を利用する者(一般入館者を含む。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 資料館の資料及び設備等を損傷し、又は汚損するおそれのある行為をしないこと。

(2) 資料館の秩序及び風紀の保持に協力すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、職員の指示に従うこと。

(資料の貸出し等)

第8条 国、地方公共団体、他の類似施設(博物館等)、学校その他教育委員会が適当と認めた者に対し、資料の貸出しをすることができる。ただし、図書を除く。

2 資料の貸出しを受けようとする者は、資料貸出申請書(様式第7号)を提出し、その承認を受けなければならない。

3 資料の展示期間は100日程度とし、貸出期間は展示期間の前後各2週間を付与する。ただし、教育委員会が特に必要があると認めたときは、この期間を延長することができる。

(寄贈)

第9条 資料館は、資料の寄贈を受けることができる。

2 資料を寄贈しようとする者は、教育委員会に寄贈申込書(様式第8号)を提出するものとする。

3 教育委員会は、前項の規定による申込みを承認したときは、寄贈受領書(様式第9号)を交付するものとする。

(寄託)

第10条 資料館は資料の寄託を受けることができる。

2 資料館に資料を寄託しようとする者は、あらかじめ寄託申請書(様式第10号)を教育委員会に提出し、許可を受けなければならない。

3 教育委員会は、前項の規定による申込みを許可したときは、寄託受領書(様式第11号)を交付するものとする。

4 寄託された資料は、特別の契約がある場合以外は、市所有の資料と同一の取扱いをするものとする。

5 寄託された資料が、天災等の不可抗力の事由により、損傷又は滅失したときは、市は損害賠償の責めを負わない。

(指定管理者に管理を行わせる場合における規定の適用)

第11条 条例第4条の規定により教育委員会が指定するもの(以下この条において「指定管理者」という。)に資料館の管理を行わせる場合については、この規則の規定中(前2条を除く。)「教育委員会」とあるのは「指定管理者」とし、「使用料」とあるのは「利用料金」とする。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、資料館の施設の管理に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の砺波郷土資料館条例施行規則(昭和58年砺波市教育委員会規則第1号)又は庄川町水資料館管理規則(平成13年庄川町規則第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月16日教委規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前にこの規則による改正前の砺波市資料館条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則による改正後の砺波市資料館条例施行規則の規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年2月22日教委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の砺波市資料館条例施行規則(以下「改正後の規則」という。)第6条の規定は、この規則の施行の日以後の入館料及び使用料の減免(以下「減免等」という。)について適用し、同日前の利用に係る減免等については、改正前の砺波市資料館条例施行規則又は廃止前の砺波市かいにょ苑条例施行規則(平成16年砺波市教育委員会規則第25号)の規定による。

3 改正後の規則の規定に基づく減免等その他の手続は、施行の日前においても、改正後の規則の規定の例により行うことができる。

(砺波市かいにょ苑条例施行規則の廃止)

4 砺波市かいにょ苑条例施行規則は、廃止する。

附 則(平成30年3月28日教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前にこの規則による改正前の砺波市資料館条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則による改正後の砺波市資料館条例施行規則の規定によりなされたものとみなす。

別表(第6条関係)

区分

減免範囲

減免割合

入館料

小学校の児童並びに中学校及び高等学校の生徒の教育活動と教育委員会が認めるとき

100分の100

教育委員会が特に必要と認めるとき

100分の100

使用料

市又は教育委員会の機関が利用するとき

100分の100

教育委員会の認める団体が教育活動に利用するとき

100分の100

教育委員会の認める団体が教育委員会の認める活動に利用するとき

100分の50

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

砺波市資料館条例施行規則

平成16年11月1日 教育委員会規則第24号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年11月1日 教育委員会規則第24号
平成17年12月16日 教育委員会規則第9号
平成24年2月22日 教育委員会規則第1号
平成30年3月28日 教育委員会規則第3号