○砺波市立美術館収蔵美術品選定委員会要綱

平成16年11月1日

教育委員会告示第9号

(設置)

第1条 砺波市立美術館(以下「美術館」という。)の収蔵美術品の適正な取得及び処分のため、砺波市立美術館収蔵美術品選定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、美術館長(以下「館長」という。)の諮問に応じ、次に掲げる事項を審議し、館長に答申する。

(1) 美術館の収集基本方針に関すること。

(2) 美術品の選定及び評価に関すること。

(3) 美術品の処分に関すること。

(組織及び委員)

第3条 委員会は、委員5人以内で組織する。

2 委員は、学識経験を有する者のうちから砺波市教育委員会が委嘱する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長)

第4条 委員会に、委員長を置く。

2 委員長は、委員の互選による。

3 委員長は、委員会の会議を主宰する。ただし、委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名する委員が会議を主宰する。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集し、会議の議長となる。

2 委員会は、原則として年2回開催する。ただし、急を要する場合は、臨時に会議を開き、又は書面による持ち回りをもって会議に代えることができる。

3 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、美術館において処理する。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行後、最初に委嘱される委員の任期は、第3条第3項の規定に関わらず、平成18年3月31日までとする。

砺波市立美術館収蔵美術品選定委員会要綱

平成16年11月1日 教育委員会告示第9号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年11月1日 教育委員会告示第9号