○砺波市保育所条例

平成16年11月1日

条例第92号

(趣旨)

第1条 この条例は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第24条第1項及び第35条第3項の規定に基づき、保育所の設置及び保育所における保育の利用等に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 砺波市立保育所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

砺波市立鷹栖保育所

砺波市鷹栖1033番地

砺波市立庄下保育所

砺波市矢木105番地

砺波市立東部保育所

砺波市秋元144番地1

砺波市立東山見保育所

砺波市庄川町金屋1743番地

砺波市立青島保育所

砺波市庄川町青島3374番地2

砺波市立雄神保育所

砺波市庄川町庄400番地

砺波市立種田保育所

砺波市庄川町五ケ436番地2

(職員)

第3条 各保育所に所長、保育士その他必要な職員を置く。

2 所長は、教育長の命を受け、所務を掌理し、職員を指揮し、監督する。

3 所長に事故があるときは、上席の職員がその職務を代理する。

(保育料)

第4条 保育所に入所する児童(法第24条第5項又は第6項の規定による措置に係る児童を除く。)の保護者は、保育料を納付しなければならない。

2 前項の保育料の額は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第27条第3項第1号又は第28条第2項第1号若しくは第2号に規定する当該各号の内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に保育に要した費用の額を超えるときは、当該現に保育に要した費用の額)とする。

(保育料の減免)

第5条 市長は、特段の理由があると認めるときは、保護者の申請により、保育料の全部又は一部を免除することができる。

(保育の委託)

第6条 教育長は、法第35条第4項の規定により設置された保育所に、児童の保育を委託することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成19年3月22日条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、改正前の砺波市保育所条例の規定によりなされた処分、手続、その他行為は、改正後の砺波市保育所条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年3月24日条例第2号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日条例第10号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月17日条例第5号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月19日条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

砺波市保育所条例

平成16年11月1日 条例第92号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成16年11月1日 条例第92号
平成19年3月22日 条例第7号
平成22年3月24日 条例第2号
平成27年3月19日 条例第10号
平成29年3月17日 条例第5号
平成31年3月19日 条例第11号