○砺波市チャイルドシート購入費補助金交付要綱

平成16年11月1日

告示第96号

(趣旨)

第1条 この要綱は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第71条の3に定める幼児用補助装置(以下「チャイルドシート」という。)の普及を促進し、乳幼児を交通事故による死傷事故から守るために、一般家庭がチャイルドシートを購入した場合、市がその費用の一部を補助するものとし、当該補助金について、砺波市補助金等交付規則(平成16年砺波市規則第31号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象者等)

第2条 補助金の交付を受けることのできる者は、市内に住所を有し、現に市内に居住する者で、生計を一にする6歳未満の乳幼児のため、国土交通省が定める安全基準に適合するチャイルドシートを購入したものとする。

2 補助金は、乳幼児一人に対して1回に限り、交付を受けることができるものとする。

3 前項の規定にかかわらず、市税等の滞納がある場合は、補助金を交付しないものとする。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、購入価格(本体価格)に3分の1を乗じて得た額(その額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)とする。ただし、助成の額の上限は、5,000円とする。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という)は、チャイルドシート補助金交付申請書(兼請求書)(様式第1号)に領収書、チャイルドシートの保証書の写しその他市長が必要と認める書類を添付し、当該チャイルドシートを使用する乳幼児の誕生後に、市長に申請しなければならない。

2 申請者は、購入後6箇月以内に申請しなければならない。

(補助金交付決定及び通知)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、当該申請に係る書類を審査し、補助金の交付を適当と認めたときは、チャイルドシート購入費補助金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の交付)

第6条 市長は、前条に規定する補助金の交付を決定した後、速やかに補助金を交付するものとする。

(補助金の返還)

第7条 市長は、虚偽その他不正の行為により補助金の交付を受けた者があるときは、その者から既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第8条 この要綱の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の砺波市チャイルドシート購入費補助金交付要綱(平成11年砺波市告示第74号)又は庄川町チャイルドシート購入補助金交付要綱(平成11年庄川町告示第76号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月28日告示第52号)

(施行期日)

1 この告示は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、改正前の砺波市チャイルドシート購入費補助金交付要綱の規定によりなされた手続きその他行為は、改正後の砺波市チャイルドシート購入費補助金交付要綱の規定にかかわらず、なお従前の例による。

画像

画像

砺波市チャイルドシート購入費補助金交付要綱

平成16年11月1日 告示第96号

(平成19年4月1日施行)