○砺波市農業委員会規程

平成16年11月1日

農業委員会告示第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、砺波市農業委員会(以下「農業委員会」という。)の円滑な運営を図るため、その組織及び職員並びに所掌事務に関し必要な事項を定めるものとする。

(会長)

第2条 会長の任期は、委員の任期とする。

2 会長が委員を辞任し、又は職を辞したときその他会長が欠けるに至ったときは、会長の選挙はその欠けるに至った日から10日以内にこれを行わなければならない。

(会長の職務代理者)

第3条 会長が欠けたとき、又は事故があるときは、委員のうちから委員があらかじめ選挙して定めた委員がその職務を代理する。

(運営委員会)

第4条 会長の会務及び事務処理に関する事項を円滑にするため、運営委員会を置くことができる。

2 運営委員会の委員数は、会長が定める。

(選挙)

第5条 農業委員会で行う選挙の方法及び手続は、別に定める。

(事務局)

第6条 農業委員会の事務を処理するため、農業委員会に事務局を置く。

(職制)

第7条 事務局に、必要に応じ、次の職員を置く。

(1) 事務局長

(2) 主幹

(3) 主査

(4) 主任その他の職員

(職責)

第8条 事務局長は、上司の命を受け、農業委員会に関する事務を掌理し、職員を指揮監督する。

2 主幹は、会長の命を受け、特命事項又は専門事項を掌理する。

3 主査、主任その他の職員は、上司の命を受け委員会の事務に従事する。

(事務処理及び職員の服務)

第9条 農業委員会の事務処理及び職員の服務等については、市長部局及び市の職員の例による。

(事務局長の専決事項)

第10条 前条に定めるもののほか、事務局長は、農地法(昭和27年法律第229号)第3条第1項第13号の規定による届出の受理に関する事項を専決することができる。ただし、次に掲げる場合を除く。

(1) 届出に係る農地等の利用関係に関して現に紛争が生じている場合

(2) 届出に係る農地等の転用に伴い周辺農業者の農業上の土地利用に悪影響を及ぼすこと等により紛争を生じるおそれがある場合

(3) 適法でないため不受理とする場合

(4) その他これらに準ずる場合

2 前項の規定により専決したときは、事務局長は、直近の総会に報告しなければならない。

(協力員)

第11条 農業委員会の運営を円滑にするため協力員を置くことができる。

2 協力員は、非常勤とする。

(協力員の名称及び委嘱)

第12条 協力員の名称は参与と称し、会長が委嘱する。

2 前項の定数は、会長が農業委員会に諮って定める。

(身分を示す証票)

第13条 農業委員会の委員及び職員がその所掌事務を行うため立入調査をするときの身分を示す証票は、別記様式のとおりとする。

(公印)

第14条 公印の保管及び取扱いの責任者は、事務局長とする。

2 公印の名称、ひな型及び寸法は、別表に定めるところによる。

(告示)

第15条 農業委員会の告示は、砺波市公告式条例(平成16年砺波市条例第4号)に準じて行うものとする。

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成21年12月1日農委告示第10号)

この規程は、農地法等の一部を改正する法律(平成21年法律第57号)の施行の日から施行する。

附 則(平成23年3月25日農委告示第13号)

この告示は、平成23年4月1日から施行する。

別表(第14条関係)

1 農業委員会印

2 農業委員会長印

画像

画像

縦3センチメートル

横3センチメートル

縦1.8センチメートル

横1.8センチメートル

3 農業委員会事務局長印

 

画像

縦1.8センチメートル

横1.8センチメートル

画像

砺波市農業委員会規程

平成16年11月1日 農業委員会告示第2号

(平成23年4月1日施行)