○砺波市雪対策会議規則

平成16年11月1日

規則第124号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市雪対策条例(平成16年砺波市条例第158号。以下「条例」という。)第11条第2項の規定に基づき、砺波市雪対策会議(以下「会議」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 会議は、委員40人以内で組織する。

2 委員は、地区の役職員、関係団体その他雪対策に関し知識経験を有する者のうちから市長が委嘱する。

3 会議には、委員の互選により、会長及び副会長を置く。

4 会議で必要があると認めたときは、部会を設けることができるものとし、その組織、所掌事務及び運営に関する事項は、その都度会長が会議に諮って定める。

(委員の任期)

第3条 会議の委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議の運営)

第4条 会議は、会長が招集し、その会議の議長となる。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(幹事)

第5条 会議に幹事を置く。

2 幹事は、市職員のうちから市長が任命する。

3 幹事は、会議において意見を述べることができる。

(庶務)

第6条 会議の庶務は、建設水道部土木課において処理する。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、会議の運営に関し必要な事項は、会長が会議に諮って定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行後、最初に委嘱される委員の任期は、第3条の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。

砺波市雪対策会議規則

平成16年11月1日 規則第124号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第10編 設/第5章 土木・建築
沿革情報
平成16年11月1日 規則第124号