○砺波市賃貸住宅管理条例施行規則

平成16年11月1日

規則第128号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市賃貸住宅管理条例(平成16年砺波市条例第161号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(申込書、請書、届書、申請書、報告書等の様式)

第2条 条例に規定する申込書、請書、届書、申請書、報告書及び証票の様式は、次に定めるところによる。

(1) 条例第5条の規定による入居の申込みは、賃貸住宅入居申込書(様式第1号)による。

(2) 条例第8条第1項第1号の規定による請書は、賃貸住宅使用請書(様式第2号)による。

(3) 条例第8条第2項又は第16条の規定による減免の申請は、減免申請書(様式第3号)による。

(4) 条例第8条第2項又は第16条の規定による徴収猶予の申請は、徴収猶予申請書(様式第4号)による。

(5) 条例第12条第1項の規定による入居の承継の承認申請は、入居者承継申請書(様式第5号)による。

(6) 条例第20条の規定による届書は、不在届(様式第6号)による。

(7) 条例第23条第1項の規定による模様替え又は増築の承認申請は、賃貸住宅の模様替え又は増築の承認申請書(様式第7号)による。

(8) 条例第24条第1項の規定による明渡しの届出は、明渡届書(様式第8号)による。

(9) 条例第27条第3項の規定による身分を示す証票は、身分証票(様式第9号)による。

(家賃)

第3条 条例第13条の規定による賃貸住宅の家賃は、月額1万5,000円とする。

第4条 条例第8条第1項第1号に規定する連帯保証人は、次の要件を備えている者でなければならない。

(1) 市内の居住者であること。ただし、入居決定者の2親等以内の親族又は雇主にあってはこの限りでない。

(2) 入居決定者の家賃の5倍以上の収入があること。

(その他)

第5条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の砺波市賃貸住宅条例施行規則(平成5年砺波市規則第9号。以下「合併前の規則」という。)の規定によりなされた申請、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この規則の施行の際、現に合併前の規則により家賃等の減額若しくは免除又は徴収猶予を申請している者に係る家賃等の減額若しくは免除又は徴収猶予の基準等は、なお合併前の例による。

附 則(平成20年3月31日規則第13号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

様式 略

砺波市賃貸住宅管理条例施行規則

平成16年11月1日 規則第128号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第6章
沿革情報
平成16年11月1日 規則第128号
平成20年3月31日 規則第13号