○砺波市監査事務局処務規程

平成16年12月24日

監査委員訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、法令その他別に定めるもののほか、砺波市監査事務局(以下「事務局」という。)の組織及び事務処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 事務局に次の係を置く。

(1) 監査第1係

(2) 監査第2係

(分掌事務)

第3条 係の分掌事務は、次のとおりとする。

監査第1係

(1) 監査委員に関する事項

(2) 一般会計及び特別会計の出納検査並びに決算審査に関する事項

(3) 定期、随時及びその他の監査並びにその報告に関する事項

(4) 監査、検査及び審査の年間実施計画に関する事項

監査第2係

(1) 公営企業会計の出納検査及び決算審査に関する事項

(2) 定期、随時及びその他の監査並びにその報告に関する事項

(3) 監査に関する基礎資料の収集整理に関する事項

2 監査委員は、特に必要があると認めるときは、前項に規定する分掌事務を変更することができる。

(職員)

第4条 事務局に事務局長、書記として係長及び主事を置く。

2 前項に定める職員のほか、書記として事務局長代理、主幹、主任その他職員を置くことができる。

(職務)

第5条 事務局長は、監査委員の命を受け、事務局に関する事務を総括し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局長代理及び主幹は、上司の命を受け、事務局長を補佐し、所属職員を指揮監督する。

3 係長及び主任は、上司の命を受けて所掌事務及び特定事務を処理する。

4 主事は、上司の命を受け、所掌事務を処理する。

(専決)

第6条 事務局長は、次の事項を専決することができる。

(1) 監査資料の収集及び調査に関すること。

(2) 職員の事務分担に関すること。

(3) 職員の県内出張命令に関すること。

(4) 職員の休暇及び欠勤に関すること。

(5) 職員の超過勤務命令に関すること。

(6) 軽易の報告、照会、回答、復命等に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、定例的な事務の処理に関すること。

(公印)

第7条 公印の種類は、次のとおりとする。

砺波市監査委員印

砺波市監査事務局長之印

画像

画像

(準用)

第8条 この訓令に定めるもののほか、事務の処理及び職員の服務等については、市長の事務部局の例による。

この訓令は、平成16年12月24日から施行する。

砺波市監査事務局処務規程

平成16年12月24日 監査委員訓令第1号

(平成16年12月24日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
平成16年12月24日 監査委員訓令第1号