○砺波市監査委員監査規程

平成16年12月24日

監査委員訓令第2号

(趣旨)

第1条 監査委員の行う監査(検査及び審査を含む。)又は事務の執行については、別に定めがあるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(監査の方針)

第2条 監査は、次の方針によって行う。

(1) 監査委員(以下「委員」という。)は、市の行政全般にわたって調査を行い、諸般の動向推移に注意し、総合的かつ根本的に行政の向上を期することを旨とする。

(2) 行政の実状を査察し、真相を把握することに努めるものとする。

(3) ことの軽重、緩急を考慮し、重点的かつ計画的に行い、監査の効率をあげることに努めるものとする。

(監査の対象)

第3条 監査は、書類又は実地についてこれを行う。

(監査執行)

第4条 監査は、2人の委員が共同で行う。ただし、場合によっては委員1人で行うことができる。

(監査の通知)

第5条 監査を行う場合には、あらかじめその期日、監査の場所及び監査事項を通知し、関係職員に対して関係書類及び調査報告書その他参考資料を提出させ、又は立会説明を求めることができる。ただし、特に必要があると認める場合は、予告をしないで監査を行うことができる。

(監査の事項)

第6条 監査は、おおむね次の事項について行う。

(1) 事務執行の状況

(2) 各種事業の実施及びその管理運営

(3) 予算執行の計画及び実施の状況

(4) 予算の経理及び決算等の状況

(5) 物品財産及び公の施設等の管理並びに処分の状況

(6) 前各号に掲げるもののほか、必要と認める事項

(監査の結果報告)

第7条 監査の結果を市議会及び市長その他に報告するときは、文書をもって行い、必要があると認める場合は、意見を述べることができる。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、監査の執行に関し必要な事項は、委員が協議して定める。

附 則

この訓令は、平成16年12月24日から施行する。

砺波市監査委員監査規程

平成16年12月24日 監査委員訓令第2号

(平成16年12月24日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
平成16年12月24日 監査委員訓令第2号