○市立砺波総合病院駐車場管理規則

平成17年9月27日

規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、砺波市病院事業の設置等に関する条例(平成16年砺波市条例第110号)第10条の規定に基づき、市立砺波総合病院西側駐車場(以下「駐車場」という。)の使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(供用時間)

第2条 駐車場の供用時間は、午前8時から午後12時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、臨時にこれを変更することができる。

(車両の制限)

第3条 駐車場を使用できる自動車は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車で、大きさ(積載物を含む。)が長さ5.0メートル以下、高さ2.3メートル以下のものとする。

(使用手続)

第4条 駐車場を使用する者(以下「利用者」という。)は、入場する際に駐車券の交付を受けなければならない。

2 利用者は、出場する際に駐車券を提出し駐車場使用料を現金で納付しなければならない。

(駐車券の紛失等)

第5条 利用者は、駐車券を紛失したとき又は駐車券の汚損若しくは破損により駐車券の記載印字事項が不明になったときは、直ちに駐車券紛失等届を市長に提出しなければならない。

(駐車の拒否)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は駐車を拒否することができる。

(1) 引火性又は発火性の物品その他の危険物を積載しているとき。

(2) 駐車場の施設を汚損し、又はき損するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(利用者の遵守事項)

第7条 利用者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 駐車場内では、徐行し、追越しをしないこと。

(2) 駐車位置を離れる自動車を優先通行させること。

(3) 標識及び係員の指示に従うこと。

(禁止行為)

第8条 駐車場においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の自動車の駐車を妨げること。

(2) 駐車場の施設を汚損すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(細則)

第9条 この規則に定める書類の様式その他この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

市立砺波総合病院駐車場管理規則

平成17年9月27日 規則第17号

(平成17年10月1日施行)