○砺波市版レッドデータブック作成委員会設置要綱

平成18年8月1日

告示第109号

(設置)

第1条 砺波市版のレッドデータブックを作成するにあたり、動植物の絶滅危惧種、希少種等の調査方法や選定種等について検討するため、砺波市版レッドデータブック作成委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について所掌する。

(1) レッドデータブックの作成に関すること。

(2) その他レッドデータブックの作成に必要な事項に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、委員12人以内で組織する。

2 委員は、動植物の分類について専門的な知識を有する者の中から市長が委嘱する。

3 委員会は、必要に応じ、各分類毎にワーキンググループを置くことができる。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に、委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は、委員の互選によってこれを定める。

3 副委員長は、委員長が委員の中から指名する。

4 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会の会議は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

2 委員長は、必要に応じて、委員以外の者の出席を求めることができる。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、福祉市民部生活環境課において処理する。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営その他必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

1 この告示は、公表の日から施行する。

2 この告示は、レッドデータブックの作成をもって、その効力を失うものとする。

砺波市版レッドデータブック作成委員会設置要綱

平成18年8月1日 告示第109号

(平成18年8月1日施行)

体系情報
第8編 生/第5章 環境保全
沿革情報
平成18年8月1日 告示第109号