○砺波市教育委員会に対する事務の委任に関する規則

平成19年3月30日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2の規定により、市長の権限に属する事務の一部を砺波市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に委任することについて、必要な事項を定めるものとする。

(教育委員会に委任する事務)

第2条 教育委員会に委任する事務は、次に掲げる事務とする。

(1) 保育所及び認定こども園への入退所に関すること。

(2) 保育所及び認定こども園の運営管理に関すること。

(3) その他保育の利用等に関すること。

(再委任)

第3条 教育委員会は、前条の規定により委任を受けた事務を市長の承認を得て、教育委員会に置かれる補助職員(教育委員会教育長を含む。)に委任することができる。

(権限委任の留保)

第4条 市長は、特に必要があると認められるときは、教育委員会と協議をして第2条の規定により委任した事務を自ら行うことができるものとする。

(協議)

第5条 教育委員会は、委任に係る事項についてこれを執行する場合、特に重要な事項については、市長に協議しなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会と協議して別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(砺波市保育所条例施行規則及び砺波市保育所運営費負担額徴収規則の廃止)

2 砺波市保育所条例施行規則(平成16年砺波市規則第55号)及び砺波市保育所運営費負担額徴収規則(平成17年砺波市規則第2号)は、廃止する。

附 則(平成27年3月23日規則第3号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第9号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

砺波市教育委員会に対する事務の委任に関する規則

平成19年3月30日 規則第16号

(平成29年4月1日施行)