○砺波市少年少女発明くふう指導員設置要綱

平成19年1月29日

告示第17号

(設置)

第1条 未来を担う少年少女の科学的な興味や関心を高めるとともに、創造的な考え方や創作の楽しさを体得させることにより、豊かな人間形成を図ることを目的として、砺波市少年少女発明くふう指導員(以下「指導員」という。)を設置する。

(任務)

第2条 指導員は、前条の目的を達成するため次の事項について指導するものとする。

(1) 発明とくふうに対する発想に関すること。

(2) アイデアの実現に必要な創作活動に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、科学技術の推進に関すること。

(定数)

第3条 指導員の定数は、2人以内とする。

(委嘱)

第4条 指導員は、第2条に関する相談・適応指導、学習指導等に必要な知識及び経験並びに技能を有し、かつ、任務に対して熱意を有する者のうちから、市長が委嘱する。

(任期)

第5条 指導員の任期は、2年とする。ただし、指導員に欠員が生じた場合には、市長は新たな指導員を委嘱するものとし、その任期は、前任者の残任期間とする。

(服務)

第6条 指導員は、相互に密接に連絡し、協力するものとする。

2 指導員は、その職務を遂行するに当たって、公益社団法人発明協会及び一般社団法人富山県発明協会との綿密な連携に努めることとする。

(研修)

第7条 指導員は、常にその職務を行う上に必要な知識及び技術の習得に努めなければならない。

(秘密の保持)

第8条 指導員は、その活動を通して知り得た秘密を漏らしてはならない。

(その他)

第9条 この要綱の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年1月16日告示第2号)

この告示は、公表の日から施行する。

砺波市少年少女発明くふう指導員設置要綱

平成19年1月29日 告示第17号

(平成26年1月16日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成19年1月29日 告示第17号
平成26年1月16日 告示第2号