○砺波市郵便入札実施要領

平成21年3月31日

告示第74号

(目的)

第1条 この要領は、砺波市契約規則(平成16年砺波市規則第34号。以下「規則」という。)に基づき市が発注する建設工事において、競争入札における従来の入札方法に加え、郵便による入札(以下「郵便入札」という。)の方法により、入札参加者の事務の省力化を促進し、入札の透明性を確保するため、必要な事項を定める。

(対象工事等)

第2条 郵便入札の実施対象は、条件付一般競争入札及び指名競争入札とする。

(入札の公告等)

第3条 市長は、郵便入札に付するときは、別に定める条件付一般競争入札の公告及び規則第18条第2項に規定する指名通知において、次に掲げる事項を併せて公告又は通知を行うものとする。

(1) 入札書及び入札価格の積算内訳書(以下「入札書等」という。)の郵送方法

(2) 入札書等の到達期限

(3) 入札書等の送付先

(4) 開札の日時及び場所

(5) この要領の規定に反して提出された入札書等を無効とする旨

(6) その他必要と認める事項

(入札回数)

第4条 郵便入札に付した場合の入札回数は、1回とする。

(入札書等の郵送方法)

第5条 郵便入札に参加しようとする者は、入札書等に必要事項を記入し、記名押印(押印は、あらかじめ使用印として本市に届け出た印に限る。)した上で、第3条の到達期限までに到達するように市長あてに、一般書留郵便又は簡易書留郵便により「砺波郵便局留」として送付しなければならない。

2 前項の規定により入札書等を郵送する場合は、入札書及び入札価格の積算内訳書を中封筒に入れて封かんし、入札参加者名、開札日、入札番号、工事名、工事場所を記載した上で郵送用の外封筒に入れて封かんしなければならない。

3 前項の郵送用の外封筒は、あて名を「砺波市長(財政課)」とし、表側に「入札書等在中」及び「砺波郵便局留」と記載し、表側に件名、表又は裏側に入札参加者の住所・名称及び氏名を記載して郵送しなければならない。

(入札書等の開札)

第6条 市長は、到達期限翌日に砺波郵便局において入札書等を受領し、郵送用の封筒を開封して入札書等を封かんした封筒を確認し、入札書においては開札日時まで財政課において厳重に保管するものとする。

2 市長は、前項の規定により保管した封筒をあらかじめ指定した日時及び場所において、当該入札事務執行者以外の職員の入札立会人に立ち会わせて開札を行うものとする。

3 入札者は、送付した入札書等について引き換え若しくは変更又は取り消すことができない。

4 開札の結果、落札となるべき同価格の入札をした者が2以上あるときは、落札決定を保留した上で、当該入札者に出席を求め、くじを引かせて落札者を決定するものとする。その際の入札立会人は、不要とする。

(入札の延期、中止)

第7条 市長は、必要があると認めるとき、理由を示した上で入札の延期又は中止をすることができる。郵便入札の開札を延期する場合は、到達期限までに到達した入札書等を延期後の開札日時まで厳重に保管するものとし、入札を中止する場合は、速やかに当該入札書等を参加者に返却するものとする。

(入札の無効)

第8条 郵便入札の執行について、砺波市入札心得(平成16年砺波市訓令第22号)に規定するもののほか、郵便による入札書が次の各号のいずれかに該当する場合は、当該入札を無効とする。

(1) 公告した到達期限までに到達しなかった場合

(2) 第5条に規定する送付方法によらず送付した場合

(入札結果の公表)

第9条 市長は、落札者を決定したときは、速やかに当該落札者に連絡するとともに、入札結果を公表する。

(その他)

第10条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は別に市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成21年4月1日から施行する。

(砺波市郵便入札試行要領の廃止)

2 砺波市郵便入札試行要領(平成20年砺波市告示第125号)は、廃止する。

砺波市郵便入札実施要領

平成21年3月31日 告示第74号

(平成21年4月1日施行)