○砺波市児童福祉施設借入金利子補給金交付要綱

平成21年1月20日

告示第14号

(趣旨)

第1条 この要綱は、砺波市補助金等交付規則(平成16年砺波市規則第31号。以下「規則」という。)第26条の規定に基づき、砺波市児童福祉施設借入金利子補給金(以下「利子補給金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(利子補給)

第2条 市長は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条第1項に規定する児童福祉施設の整備を行う社会福祉法人であって、独立行政法人福祉医療機構(以下「機構」という。)から融資を受けたものに対し、その者が当該機構の定める利子払込計画に従って4月1日から翌年3月31日までの間に支払う利子(延滞金を除く。)について予算の範囲内において、利子補給金を交付するものとする。

(利子補給金の額)

第3条 前条の利子補給金の額は、当該機構の定める利子払込計画に従って支払った額(元金及び延滞金を除く。)を限度とする。

(利子補給金の申請)

第4条 利子補給金の交付を受けようとする者は、砺波市児童福祉施設借入金利子補給金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 機構の貸付金償還年次表

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(実績報告)

第5条 規則第12条に規定する報告は、砺波市児童福祉施設借入金利子補給金補助事業実績報告書(様式第2号)に、次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 機構の領収書の写し

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、告示の日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱は、施行の日以降に申請のあったものに適用する。ただし、児童福祉施設の整備を行った社会福祉法人であって、独立行政法人福祉医療機構から融資を受けているものに限り適用する。

(効力)

3 この要綱は、平成40年3月31日に、その効力を失う。

画像

画像

砺波市児童福祉施設借入金利子補給金交付要綱

平成21年1月20日 告示第14号

(平成21年1月20日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成21年1月20日 告示第14号